マイベストプロ岡山
  1. 子どもが留守のときにおもちゃを捨てると親子関係が壊れます
松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(まついともみ) / 整理収納アドバイザー

整理収納サポート にこぴか 

コラム

子どもが留守のときにおもちゃを捨てると親子関係が壊れます

2019年1月21日 公開 / 2019年10月3日更新

テーマ:子どもと片づけについて

コラムカテゴリ:くらし

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。

子どものおもちゃの整理について話をしているときに
「子どもが留守のうちに、さくっと済ませたんです。」
という言葉を耳にすることがあります。

「ナイスアイデア!私もやってみよう。」

・・・と思った方、ちょっと待った!!

子どもが留守のときに勝手に捨てたり片づけたりするのはおすすめできません。

子どもが留守のときに勝手に捨ててしまう親心

そもそもなぜ、子どもが留守のうちにおもちゃを捨てようと思ったのでしょうか。

一番の理由は「時間がかかる」からではないですか?

おもちゃの整理をしていたはずが、遊び始めてしまってイライラ。
「遊ばないの!」
と指摘すると、ふてくされて強制終了・・・つらい。

やっとやる気になったと思ったら
「全部いる!」
なんて言って、全然進まない・・・泣ける。

兄弟姉妹がいるため、一人だけにたくさんの時間がかけられない場合もあるでしょう。

人それぞれ、事情や理由はあるかと思います。

そんなときに
「子どもが留守のときに、さくっと済ませた。」
なんて言葉を聞いたら

「その手があったか!」
と思うのも仕方がない・・・と言いたいところですが、やはりおすすめできません。

子どものモノを勝手に捨てるとどうなる?

明らかに最近使っていないおもちゃとか
どう見てもゴミでしょ・・・と思うような紙切れとか
積み重なって、最後に読んだのはいつ?と思うような本など

大人の目線で見ると
「これっている?」
と思うようなモノ、ありますよね。

「これくらい、こっそり捨てても大丈夫じゃろ。」
と、勝手に捨てたくなる気持ちも分かります。

では、ここで質問です。

「そのモノの持ち主は、誰ですか?」

自分のモノなら、自分で判断しても問題ないでしょう。
でも、自分以外の人のモノであれば、勝手に判断したり捨てたりしないというのが整理収納の基本です。

そしてそれは相手が我が子でも同じことです。

もしあなたが家を留守にしている間に家族の誰かがあなたの大事なモノを捨ててしまっていたら、とても悲しくなりますよね。

それは子どもでも同じこと。
自分がされて嫌なことは、子どもにもしないようにしてあげてくださいね。

時々言われるのが
「どうせ忘れてるから大丈夫。」
というセリフなのですが・・・

本当にそうでしょうか?

一時忘れていたとしても、いつそのモノの存在を思い出すか分かりませんよ。
もし勝手に捨ててしまったモノについて聞かれたとき、どう答えましょうか。

とぼける?
正直に言って謝る?
捨てたモノは仕方がないじゃんと開き直る?

いずれにしても、親子の信頼関係にはひびが入ってしまいます。

そして、子どもが気づいてないからと勝手に整理して勝手に捨てることを繰り返していると、いずれ親子の信頼関係は壊れてしまいます。

そのうち何かモノがなくなると
「どうせまた勝手に捨てたんじゃろ。」
なんて言われるようになる恐れがありますのでね。

そうならないために、どんな小さな紙切れでも持ち主である子どもにどうするかを決めてもらいましょうね。


参考記事
子どもが留守のときに勝手に片づけると子どもは片づけをしなくなります
おもちゃの整理で「全部いる!」と言う子どもへの声かけの仕方
子どもの自立心を育てる片づけの3つの力と効果

この記事を書いたプロ

松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(整理収納サポート にこぴか )

Share
関連するコラム

松井朋美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5693-2425

 

整理収納サポート又はセミナー中は電話対応が難しいため、後程こちらから折り返し連絡をさせていただきます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松井朋美

整理収納サポート にこぴか 

担当松井朋美(まついともみ)

地図・アクセス

松井朋美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2019-12-12
facebook
Facebook