マイベストプロ岡山
松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(まついともみ) / 整理収納アドバイザー

整理収納サポート にこぴか 

コラム

子ども服、おさがりの服の衣替えを楽にする方法

2018年10月1日 公開 / 2019年10月3日更新

テーマ:子ども部屋と整理収納

コラムカテゴリ:くらし

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。

早いものでもう10月。
衣替えは終わりましたか?


大人の服と子どもの服との大きな違いは、"おさがり"の存在です。

子どもはすぐに大きくなりますからね。
友人知人同士で子ども服を譲り合ったりする方も多いのではないでしょうか。

経済的にも助かってありがたいのですが、デメリットも・・・


お店で購入する場合、サイズ・デザイン・数などを自分で決めることができますよね。
でも、お下がりの場合、どんな服がどのくらいあるのかは、実際に見てみないと分かりません。


そして数が増えれば増えるほど、衣替えも大変になってしまいます。

せっかくのおさがり、気持ちよく着られるようにしたいと思いませんか?


おさがりの衣替えの手順

まずはアイテム別・サイズ別に分けましょう。
このときに「着る・着ない」は考えずに、ひたすら分けてくださいね。

ざっくりと分けることで、アイテム別・サイズ別にどのくらいの数があるのか把握できるようになります。


普段の生活から、どのアイテムがどのくらいの数あればいいのかを想像してみてください。
そこから必要な枚数を決めていきます。

必要な枚数が決まったら、ざっくりと分けたおさがりの中から着る服を選んでいきます。


ここで大切なのは、(大人じゃなくて)子どもが「着る・着ない」の判断をするということ。

「どれが一番好き?」
「どの服を着たいかな?」

など、子どもが着たいと思う服を選ばせてあげてくださいね。
(もし大量にある場合は、ある程度まで大人が減らしておいても構いません。)


選ぶときは、着られそうなサイズの全ての服を実際に着てもらうと判断しやすいです。

同じサイズでもメーカーによって微妙に大きさが違ったりしますのでね。
実際に着てもらうと、サイズ感と着心地が分かりやすくなります。


そして子どもが「着ない」と判断した服は、手放すか次の子どもに譲るかしてくださいね。


おもちゃと同様、服は子どもの生活に密接なモノです。
自分で「着る・着ない」を選ぶ練習をすることで、自分にとって大切なモノを選ぶ練習にもなりますよ。

この記事を書いたプロ

松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(整理収納サポート にこぴか )

Share
関連するコラム

松井朋美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5693-2425

 

整理収納サポート又はセミナー中は電話対応が難しいため、後程こちらから折り返し連絡をさせていただきます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松井朋美

整理収納サポート にこぴか 

担当松井朋美(まついともみ)

地図・アクセス

松井朋美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2019-12-05
facebook
Facebook