まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(まついともみ)

整理収納サポート にこぴか 

コラム

片づけのやる気が出ないときにすること

整理収納についての基本

2018年2月7日 / 2018年3月10日更新

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。

「片づけなくちゃと思ってても、やる気が出ない・・・」
というときはありませんか?

そんなときは、無理をしないで休んでください。


片づいてなくても大丈夫

「整理収納アドバイザーがそんなこと言っていいの?」
なんて言われそうですけどね。

やる気が出ないのに、、無理に片づける必要はありません。

整理収納や片づけは、暮らしやすくするためには必要ですが、絶対に必要!というわけではないですからね。

もしかしたら、片づけよりもっと、気になっていることはありませんか?
それとも、とっても疲れているとか。

そんなときは、気になっていることを先に片づけてしまいましょう。
そしてゆっくり休んでください。


モノの整理には、同時に気持ちの整理も必要になります。
そのため自分でも気がつかないくらい、体力を使います。

疲れているときに無理に整理をしようとすると、正しい判断ができなくなる恐れがあります。

“本当は必要なのに、うっかり手放してしまって後から後悔する”なんてこともありますのでね。

気持ちと体力に余裕ができるまで、片づけのことは忘れてしまってくださいね。


無理をしないことが大切です

少しでも
「やってみようかな?」
と思ったら、“あなたのペース”で進めてください。

でも

もしも途中で“疲れた”と感じたら、休んでくださいね。
(私がサポートしているお客様にも、同じようにお願いしています。)

作業を始めたからといって、“一気に最後までやらなくちゃいけない”という決まりなんてありませんからね。

体だけでなく、気持ちが“つらい”と感じたら、それは“一旦休憩”のサインですよ。


疲れたときは、1ヵ月でも2ヵ月でも、納得するまで作業をお休みして構いません。

もっと言えば、途中でやめてしまってもいいのです。


それは整理収納のサポートに行っているお客様も同じです。
休んでもいいし、途中でやめてもいい。

本音を言えば、サポートは最後までやり遂げたいと思っています。
でも、それはあくまでも私の気持ちであって、お客様の気持ちではありませんのでね。


また
「片づけたい。」
という気持ちになるまで、ゆっくり待てばいいだけです。


「こんなに休んで、気まずい。」
なんて思わなくて大丈夫ですよ。

どんなに休んでも、いつでもやり直すことはできます。

あなたの気持ちと、あなたのペースを大切にしてくださいね。

この記事を書いたプロ

松井朋美

松井朋美(まついともみ)

松井朋美プロのその他のコンテンツ

Share

松井朋美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5693-2425

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松井朋美

整理収納サポート にこぴか 

担当松井朋美(まついともみ)

地図・アクセス

松井朋美のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-16
facebook
facebook

松井朋美プロのその他のコンテンツ