まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村英行

職人魂で仕上げる住宅塗装のプロ

中村英行(なかむらひでゆき)

有限会社 御南塗装工業

中村英行プロのご紹介

職人の地位向上を目指す一流の塗人(ぬりんちゅ)集団。(2/3)

自ら職人として現場監督を務める中村さん

一流の職人を育成し、元請会社へと成長を遂げる

 社会人の第一歩としてタイル施工会社に一旦就職した中村さん。同じ建築現場で塗装職人を見て「カッコいい。やってみたい」と強く引かれたのをきっかけに、半年でタイル会社を辞して塗装業の世界に飛び込みました。その後地元の大手塗装会社や個人の塗装会社で技術を磨き、20歳で兄とともに独立開業しました。

 独立以前から、四次・五次下請け、いわゆる「ひ孫請け」の仕事はしていましたが、集金もできないような仕事もあるなど収入は不安定だったといいます。「いつかはちゃんとした会社にしなければ、という思いは強かったですね」と中村さん。そこで1998年に単独で創業。その設立後しばらくは業績が伸びたものの、元請けによっては、料金体系がいい加減だったり、仕事内容がずさんだったり…。下請けでこなす仕事に違和感を覚え始めていたといいます。「きちんとした仕事がしたいのに、これでは世間一般でいわれるような悪い印象の塗装会社と同様に扱われかねない」という危惧もあったそうです。

 「これからの塗装業界や塗装職人のイメージを変えなければいけないという強い思いがありました」。営業マンを置かず、現場を知る職人が提案から施工、アフターサービスに至るまで一貫施工できるような体制を整えたいというのが中村さんのイメージ。そして2002年に23歳で現在の「有限会社 御南塗装工業」を設立。現在14期目に入った中村さんの「想い」の原点はここから始まったのです。

中村英行プロのその他のコンテンツ

Share

中村英行のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-04-13
facebook
Facebook

中村英行プロのその他のコンテンツ