まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
内田輝和

免疫力を高める鍼灸のプロ

内田輝和(うちだてるかず)

鍼メディカルうちだ

コラム

肩こり

2016年7月6日

肩こりの主な原因は肩周辺の血液が滞ることによって疲労物質が溜まることです。

東洋医学でも、肩や腰、ひじ、ひざ、足首などの関節は
気血(東洋医学で言う一種の生命エネルギーと血液)の流れが滞りやすく、
うっ血しやすいと言われており、うっ血することによって患部が痛んだり腫れたりします。


また、肩こりのある人は、病気に抵抗する力である免疫力が弱まっているとも言われ、
思わぬ病気や不快症状が潜んでいる可能性もあります。

そこで今回は曲池というツボをご紹介します。





曲池は大腸経という経絡に属するツボです。




ひじを曲げた時にできる外側のシワの先端を押し、
圧痛や、ズンとひびく場所が曲池のツボになります。


最近では免疫力を高めるには腸内環境を整えることが大切だと言われており、
曲池を押すことは、肩こりを腸からアプローチして改善していく事にもなります。





刺激の方法は、ツボを親指でとらえ、円を描くようにして強めに1~3分刺激しましょう。
入浴中や寝る前など、リラックスできる時がおすすめです。

また、曲池は四十肩や五十肩の痛みの緩和にも効果的です。

ただし、曲池を押しただけでは完治は難しいでしょう。痛いからといって動かさないでいるよりかは、
動かした方が良いと言われていますが、痛みのない範囲で動かすのがポイントです。

この記事を書いたプロ

内田輝和

内田輝和(うちだてるかず)

内田輝和プロのその他のコンテンツ

Share

内田輝和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-232-6110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田輝和

鍼メディカルうちだ

担当内田輝和(うちだてるかず)

地図・アクセス

内田輝和プロのその他のコンテンツ