まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
内田輝和

免疫力を高める鍼灸のプロ

内田輝和(うちだてるかず)

鍼メディカルうちだ

コラム

坐骨神経痛①

2015年10月2日

「坐骨神経痛」という呼び名は一般の人にもわりあいよく知られており、聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?
坐骨神経痛を起こす2大疾患に、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症があります。椎間板ヘルニアは若い人に多いのに対し、脊柱管狭窄症は50歳代以上の中高年に多いと言われています。むずかしそうな病名ですが、最近ではよく目にしたり耳にします。

脊椎の内側はトンネルの様になっていることから、「脊柱管」と呼ばれています。この脊柱管の中を脊髄、腰椎からは馬尾が通っています。脊柱管が狭くなりことによって、神経根や馬尾が圧迫され、腰痛や坐骨神経痛を起こすのが、脊柱管狭窄症です。脊柱管は加齢と共に変形し、狭くなっていきます。年をとると腰が曲がってくる人がいますが、脊柱管が狭くなっているのが原因です。しかし、脊柱管が狭くなっていても、神経が圧迫されなければ腰痛や坐骨神経痛は起こりません。

脊柱管狭窄症の人は、体を後ろに反らすと痛みがでたり、痛みが増すのが特徴です。これは狭くなった脊柱管が体を反らすことでさらに狭くなり、神経根や馬尾を強く圧迫することが原因です。そのため、高いところにあるものを取ろうとして、体を反らすと痛くてできない、まっすぐ立つことができない、歩くと前かがみの姿勢になる、といった症状があらわれます。前かがみの姿勢が楽になるのは、前かがみになることで脊柱管が広がるためです。なので、靴下を履いたり、自転車に乗るといった動作は楽にできます。

いかがですか?身に覚えがある方は少なくないのでは?
次回も坐骨神経について紹介していきます!!

この記事を書いたプロ

内田輝和

内田輝和(うちだてるかず)

内田輝和プロのその他のコンテンツ

Share

内田輝和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-232-6110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田輝和

鍼メディカルうちだ

担当内田輝和(うちだてるかず)

地図・アクセス

内田輝和プロのその他のコンテンツ