まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
内田輝和

免疫力を高める鍼灸のプロ

内田輝和(うちだてるかず)

鍼メディカルうちだ

コラム

お尻のコラム④

2015年7月6日

草履や下駄を履いて歩くのも一つの“筋ボケ”エクササイズ

昔の女性には“筋ボケ”が少なかったと、お尻のコラム②でお話ししましたが、
なぜそうだったなかと考えますと、まずよく歩いていたことが挙げられます。
しかも履物は靴ではなく草履や下駄でした。

これらは、鼻緒を足の親指と人差し指でつかむ形で履きます。
ですから、履いて歩いているだけで足の親指が鍛えられます。
これはつまり、四六時中、筋ボケ改善エクササイズ「親指立ち」をしていることと同じなのです。

ここ数年は、若い人の間で浴衣や着物がちょっとしたブームになっていると聞きます。
草履や下駄を履く機会を増やしてみるのも、いいかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

内田輝和

内田輝和(うちだてるかず)

内田輝和プロのその他のコンテンツ

Share

内田輝和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-232-6110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田輝和

鍼メディカルうちだ

担当内田輝和(うちだてるかず)

地図・アクセス

内田輝和プロのその他のコンテンツ