まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
恒松信二

「住まいの困りごと全般に応じる工事のプロ」

恒松信二(つねまつしんじ)

L design 恒松建築株式会社

コラム

家事動線を考えたキッチンリフォーム

水回りのリフォーム

2018年3月23日

家族の食事を準備するキッチンで費やす時間が、1日のなかでも長い家庭が多いでしょう。
料理を手際よく用意するため、また火や包丁などを扱う場所でもあるので、動きやすいキッチンにプランニングすることが大切です。

家事動線とは

家事動線とは家事を行う際の人の動きを表すものです。キッチンの場合はどうでしょう。
料理をする際の動きをイメージしてみましょう。

すると、
「冷蔵庫から食材を出す」→「シンクで食材を洗う」→「調理代で食材を切る」→「コンロで食材を調理する」となります。

ここでポイントになるのは、「冷蔵庫」「シンク」「調理台」「コンロ」、それぞれの配置ということになります。

それぞれの配置を検討することで料理しやすいキッチンにすることができるわけです。

ワークトライアングル

キッチン内の動線の組み立て方の一つに「ワークトライアングル」という考え方があります。
この場合、「冷蔵庫」「シンク」「コンロ」のトライアングル、つまり3つを結ぶ三角形さします。

そして、一つの目安として「シンク」「コンロ」を結ぶ線を80cm~120cm、「シンク」と「冷蔵庫」を結ぶ線を120cm~210cm、「コンロ」と「冷蔵庫」を結ぶ線を120cm~270cm 、三角形の辺の長さの合計が320cm~600cm以内にすると料理しやすいキッチンになると言われています。

あくまでも目安ですが、この数字を頭におきながら検討すると、より具体的にリフォーム後のキッチンの状態を把握できるとおもいます。

洗濯機の位置について

家の間取りを考える際、水まわりを一つにまとめる、という方法があります。キッチン、浴室、洗面、トイレなど水を使う場所を一つにまとめるということです。これには、配管設備を簡素化できるというメリットがあります。

この点を考えると、キッチンのリフォームに際して、「洗濯機」の位置も考えておきたいですね。
キッチンと洗濯機がつながっているほうが便利な場合が多く、そのため、キッチンと洗面所の位置を近くにし、洗面所に洗濯機を置くというプランも人気があります。

この記事を書いたプロ

恒松信二

恒松信二(つねまつしんじ)

恒松信二プロのその他のコンテンツ

Share

恒松信二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-441-8123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

恒松信二

L design 恒松建築株式会社

担当恒松信二(つねまつしんじ)

地図・アクセス

恒松信二プロのその他のコンテンツ