まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
恒松信二

「住まいの困りごと全般に応じる工事のプロ」

恒松信二(つねまつしんじ)

L design 恒松建築株式会社

コラム

浴室のひび割れは危険信号!? 必要であればリフォームも検討

水回りのリフォーム

2018年2月9日

浴室のひび割れは、住まいが危険な状態にあることを知らせる危険信号かもしれません。ひび割れから家を支える構造まで水が浸入し、部材を腐らせてしまう可能性があるからです。

浴室タイルのひび割れ

タイルはその堅牢性から浴室の床・壁に使われます。しかし、タイルも万能というわけにはいかず、衝撃には弱いという面も持っています。シャワーヘッドを落とし、タイルにひびが入ったという経験がある方も少なくはないでしょう。

もう一つ、タイルは「応力」に弱さを持っています。「応力」とは、簡単に言えば、部材を変形させようと外からかかる力に対応する力のことです。タイルが貼られている床面が水平の場合、タイルは外力に対し十分な強さを発揮しますが、床面がゆがんでいる場合、外力を支えきれずひび割れを起こします。

タイルのひび割れは危険信号

タイルのひび割れは、放置しておくと困ったことになります。と言うのも、ひびは放置しておくと、ひらき、そして、伸びていくからです。そして、そのひび割れに浴室で使う水が浸入すると、たとえば、壁のタイルが浮き、剥がれ落ちることになります。

床のタイルのひび割れの場合、ひび割れから浸入した水によって、家を支える柱が腐ってしまうことになります。柱が腐れば、当然ながら、家の土台が非常に弱くなることになります。
浴室のひび割れは住まいにとってたいへん危険なのです。

必要に応じてリフォームの検討も大切です

浴室は床・壁にタイルが貼られているため、丈夫な場所のようにおもわれがちですが、実は、痛みやすい場所なのです。

ちょっとしたひび割れなら、ホームセンターなどでエポキシ系の接着剤やシーリング材を購入し、ご自分で応急の処置ができますが、経年によるひび割れはそうはいきません。タイルの裏側に重大な危険が生じている可能性が大きいからです。

この場合、リフォームをご検討することをおすすめします。浴室の危険を根本的に取り除くことができますし、新しい浴室は、気分も一新できます。

この記事を書いたプロ

恒松信二

恒松信二(つねまつしんじ)

恒松信二プロのその他のコンテンツ

Share

恒松信二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-441-8123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

恒松信二

L design 恒松建築株式会社

担当恒松信二(つねまつしんじ)

地図・アクセス

恒松信二プロのその他のコンテンツ