まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
恒松信二

「住まいの困りごと全般に応じる工事のプロ」

恒松信二(つねまつしんじ)

L design 恒松建築株式会社

コラム

バスタイムを心地よく過ごすための浴槽タイプと素材の選び方

水回りのリフォーム

2018年1月12日

お風呂は衣服を脱いで裸で入る場所ですから、素材にもこだわりたいところです。自分に合った浴槽選びのポイントをお話したいとおもいます。

浴槽のタイプ

浴槽には数多くの種類がありますが、タイプ別に分ければ、和式、洋式、和洋折衷式の3つになります。
和式は、膝を折って座れば、肩まですっぽりお湯に浸かれる深さが特徴です。
洋式は、和式のような深さはありませんが、長さがあり、仰向けに寝た状態で足を伸ばすことができる長さのものもあります。
和洋折衷式は、和洋の中間タイプで、浴槽に座って足を伸ばせる程度の長さを確保できる一番オーソドックスなタイプと言えるでしょう。

また、浴槽の設置方法にもいくつかのタイプがあります。
一般的なのは、浴槽の3分の1程度を床に埋めた「半埋め込みタイプ」。この他、浴槽を床に据える「据え置きタイプ」や浴槽を床面まで埋め込む「埋め込みタイプ」があります。

浴槽の素材と特徴

浴槽の素材もさまざまなものがあります。
たとえば「木」。ヒノキ風呂が代表格ですが、木の風合いを感じながらの入浴は気持ちがいいですね。

独特の滑らかさ、美しい色合いを持つ「ホーロー」も人気がある素材です。
「FRP(ガラス繊維強化プラスチック)」は、保温性や耐久性に優れています。
「ステンレス」の浴槽は無機質な感じを嫌う方もいらっしゃいますが、耐久性と保温性に優れています。

そして「人造大理石」。サイズ・色合いの選択肢が多く、人気があります。
また、昔からある「タイル」は、好みに合わせ、さまざまな形を作ることができます。  

浴槽選びのポイント

リフォームで新しい浴槽を選ぶ際には、まず、浴槽を設置するためのスペースを確認する必要があります。浴槽の肌ざわりや質感、色合いなども十分検討したいですね。

ご高齢の方がいらっしゃる場合、浴槽の出入り時に滑らないよう、安全面での検討も大切です。
最近では、2世帯住宅などのように2階にも浴室を設けるケースも少なくありません。階上に浴室を設ける際には、重さの確認、水漏れ対策が重要になります。

この記事を書いたプロ

恒松信二

恒松信二(つねまつしんじ)

恒松信二プロのその他のコンテンツ

Share

恒松信二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-441-8123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

恒松信二

L design 恒松建築株式会社

担当恒松信二(つねまつしんじ)

地図・アクセス

恒松信二プロのその他のコンテンツ