まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
恒松信二

「住まいの困りごと全般に応じる工事のプロ」

恒松信二(つねまつしんじ)

L design 恒松建築株式会社

コラム

DIYで和室から洋室にリフォーム! フローリングの張り方

床の張り替え

2017年8月22日

フローリングの張り方を大まかに説明すると、畳を撤去した後に、根太(ねだ)を配置しビスで固定した後に、カットしたフローリングをボンドや釘を使って固定します。

ただし、既存の床材を剥がした際に、下地に傷みが発生していたり、正方形ではない部屋の張り替えの難しさを感じたりして、断念してしまう人もいます。大がかりな作業で、決して簡単ではありません。きちんと仕上げたい場合は、専門業者に依頼するのが良いでしょう。

フローリングの張替え方法、手順について

畳からフローリングに床材を変える方法を紹介します。

準備する道具は、電動ドリル、スケール、さしがね、のこぎり、かなづち、ゴムハンマー、チョークリール、えんぴつ、ペンチ、ポンチ、丸ノコです。

使用する材料は、根太材の他、ビス(根太より長いもの)、フローリング材(根太貼り用)、根太ボンド、フロアー釘、仮釘、コーキング剤、マスキングテープです。

根太は、フローリングを支える役割があります。和室の畳を撤去した後に、フローリングをそのまま敷いてしまうと、敷居の高さとフローリングの高さの差が大きくなってしまいますので、高さを調整するために設置します。

根太の太さを決める際には、フローリングの高さが敷居の高さより2~3mm低くなるようにしてください。

まず、この根太を組みますが、四方にある壁に隙間なく沿わせて根太を設置します。

次に、部屋の中心線の上に根太を設置し、この根太を軸にして左右の壁に向かって30cmの間隔をあけて根太を敷き詰めます。

根太は、電動ドリルを使い根太より長いビスで固定します。

次にフローリングを配置するガイドラインを、中心線の上に配置した根太に引きます。
ガイドラインは、壁際の長さを計測して決めた中心の位置に、チョークリールを使い引きます。このガイドラインを中心して、左右対称にフローリングを敷き詰めていきます(ガイドラインを縦軸に、フローリングはガイドライン対して垂直に敷いていきます)。

壁際から1列目、3列目と奇数列に配置するフローリングは、ガイドラインの上にフローリング材とフローリング材の境目がくるように配置します。
偶数に配置するフローリングは、ガイドラインの上に境目がこないように配置します。
この際、根太の上にフローリング材とフローリング材のつなぎ目がくるようにします。

次にフローリングを切るためのカットラインを引きます。
1列目のフローリングのカットラインは、壁からガイドラインまでの長さを計測して、フローリングに引きます。カットラインを引いたらフローリング材をカットしていきます。

フローリングの端には凸サネと凹サネと呼ばれる凹凸があり、組み合わせることでズレを防止します。

フローリングの長さを計測する際には、サネの長さは含めないでください。
また、貼り進める方向に、凸サネがくるようにフローリングを切ります。

フローリングのカットの後は仮組を行う

フローリングを切り終えたら、仮組を行います。

1列目を配置する手順は、右側の壁からフローリングを配置し、次に配置するフローリングのサネを差し込みます。
2列目はフローリングの中心がガイドライン上にくるように配置します。

残った空間を埋めるためのフローリングの長さを計測し、1列目と同様に切ってフローリングを配置します。この際、ゴムハンマーを使いサネをしっかり差し込みます。

1列目と2列目の作業を繰り返して、フローリングを敷き詰めていきます。

最後のフローリングになったら、フローリングの凸サネを切断しておきます。

最後の列の一つ手前の列を外した後、その場所に最後の列を配置し、凸サネを切り落としたサイドを壁に押し当てて、水平を保持し、カットラインを引きます。

カットラインに沿って切った後、配置はしないで幅の確認をして仮組の完了です。

次に仮組したフローリングを一度取り外してから、再度、ボンドでフローリングを接着していきます。

この際、フローリングは仮組したときの順番に、邪魔にならないところに並べましょう。

ボンドはフローリング1列ずつ分けて根太の上に出しますが、窓際の根太も忘れないようにしてください。

フローリングはゴムハンマーで叩いて圧着し、根太のある部分は、凸サネに釘を45°に打ち込み、最後にポンチで打ち込んで仕上げます。

最後の列は、はじめにフローリングのサネとフローリングのサネを差し込み、フローリングを斜めにして、サネの部分をゴムハンマーで叩きながら、配置します。

フローリングをゴムハンマーで叩いて圧着した後に、フローリングのセンターから両サイドに向かって30cmの間隔をおいて仮釘を打ち込み、ボンドを乾燥させます。

ボンドが乾燥したら、仮釘を抜いて、隙間の処理を行います。

床と壁の隙間を囲うようにしてマスキングテープを貼り付けた後、コーキング剤を隙間に充てんし、指先で表面をならします。

コーキング剤が乾燥する前に、マスキングテープを剥がして完成です。

DIYで張替した際の失敗例について

中古の一戸建てやマンションでは、既存の床材を剥がした際に下地が傷んでいることがあります。下地が傷んでいる場合は、DIYで補修することは難しく、フローリングの張り替えを断念しなければならない場合もあります。

また、DIYでフローリングを張り替えた後に、歩くときしむようになり、その音が気になるということもあります。

DIYでフローリングを張り替えに失敗すると、材料も時間も無駄にしてしまうことがあるので、業者に依頼したほうが、短期間で仕上がり、施工後の不具合も少ないと考えられます。

この記事を書いたプロ

恒松信二

恒松信二(つねまつしんじ)

恒松信二プロのその他のコンテンツ

Share

恒松信二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-441-8123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

恒松信二

L design 恒松建築株式会社

担当恒松信二(つねまつしんじ)

地図・アクセス

恒松信二プロのその他のコンテンツ