まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
稲田尚久

元教師の経験で伝える感情トレーニングのプロ

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

コラム

子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは?

子どもの怒りのコントロール方法

2018年6月29日 / 2018年9月15日更新

子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは?

「子どもがすぐにカッとなって怒り、冷静に行動できない」
「カッとなったら兄妹や友達に衝動的に暴言吐いたり、暴力をふるって困る」

こういったお悩みを抱えている親御さんへ、今回は『怒りの温度計』についてお伝えしますね。

この写真にあるように、今の怒りやイライラを数値化する方法です。

怒りの感情は我慢や抑え込むものではない

衝動的だったり、攻撃的だったりする子どもは、ちょっとしたことですぐにカッなります。
でも怒ることは、何かしら子どもが伝えようとしている行為。

そういうときに
「そんなに怒っちゃダメ!」
と子どもの感情に蓋をするのは逆効果。

自分の気持ちに蓋をするのは、自分自身を否定すること。
親が子どもの気持ちを否定すれば、子どもは怒りの感情を出すことを『悪いこと』としてしまいます。
そうなれば、『怒ることを我慢する』という考えが身に付き、自然と自分に怒りをため込んでいくことになってしまうのです。
怒りをため込めば、必ずなにかしら身体症状などにあらわれます。

いつでもどこでも怒りを客観視できる怒りの温度計

そこで今回紹介するのが『怒りの温度計』
使い方は簡単。
まずは日頃から、子どものと怒りの温度計について話をしておきましょう。
もし可能であれば、画用紙へ温度計を書いて家に貼っておくと効果的。

「10℃のときって、例えばどんな出来事だと思う?」
「そのとき、体はどんな感じになるかなあ?」
「お母さんだったら、顔が真っ赤っかになるな」
こうやって、まずはある程度の怒りの温度の基準を確認しておくといいですね。

実際に子どもが怒ったりイライラしたとき、子どもに聴いてあげましょう。
「今は、怒りの温度って何℃?」

もし、子どもが迷っているようだったら
「こないだ友達とケンカしたとき8℃だったけど、今日はあの時の温度に比べて上?同じ?下?」

こうやって、子どもが自分の怒りを客観的に見つめられるクセをつけてやるのです。
そうすれば、ただ怒るだけで終わったり、親から怒られるだけといったことも減ります。
何より、親子で一緒に考え、コミュニケーションがとれますよ。

怒りの温度計で効果が出た小中学生

怒りを数値化することは大変効果的です。
小学生や中学生にも講演で伝えています。
こんなうれしい感想をいたいています。

「弟とケンカしたとき、今のイライラは何℃かなって考えていたら、不思議なくらいだんだんイライラがおさまりました」(小学4年生)

「私はいつもお母さんに腹が立ってイライラすることが多かったんですが、自分の怒りの温度づけをするようになって、自分はしょうもないことで怒っていたんだって気づくことができ、今では怒る回数が減ったし、怒っても1℃や2℃くらいにしかならなくなりました。すごく楽になりました」(中学3年生)

普段から、イライラしたとき、腹が立ったときに、すぐ頭の中で温度計を思い浮かべるクセがついておけば、いろんな場面で役立ちます。
まずは、大人が使えるようになっておくことですね。
関連するブログもどうぞ!
嫌な気持ちを変換するコツ!子供の気持ちを前向きにさせる数値化

子育てで怒ったりイライラするときのヒントになります!

さて、こういった子育てのイライラへの対処方法や大切な考え方など、僕はラジオで毎週お伝えしています。
『イナッチの怒ってもええけど、でもな』
エフエムつやま78.0MHz
隔週金曜日
17時45分から55分迄。
「イナッチの怒ってもええけど、でもな」

ネットやスマホで聴けますよ。

パソコンで聴かれる方
ここをクリック!

スマートフォン・タブレットの方
iPhone/iPadの方は「App Store」で
Androidの方は「Google Play」で
アプリ「TuneIn Radio」をダウンロード(無料)、インストールしてください。

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

稲田尚久

稲田尚久(いなだなおひさ)

稲田尚久プロのその他のコンテンツ

Share

稲田尚久のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-19
facebook
Facebook