まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
稲田尚久

元教師の経験で伝える感情トレーニングのプロ

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

コラム

毎朝子供を怒ってしまうお母さん必見!できない自分の例外探しとは?

子育てで大切なこと

2018年2月11日

できない自分の例外探しとは?

「朝の準備の遅い我が子へ、いつも怒ってしまう自分が嫌だ」
こんな思いをしているお母さんいませんか?

特に、仕事をされているお母さんにとって、朝は戦場ではないでしょうか?
朝はやることがいっぱいです。
子どもの準備から送迎、さらに自分の準備まで、限られた時間の中でやらなければいけないことだらけ。
毎日ギリギリの状態で、ヘトヘトになっています。
でも、できることなら子どもを怒りたくないですよね。

私はカウンセリングもやっています。
「毎朝準備の遅い子供へ怒るばかりしてしまう自分をなんとかしたい」
といった相談をいただくこともあります。
いろいろと話を聴かせてもらう中で、お母さんに別の視点から自分のことを考えてもらったりすることもあります。

例外探しをしてみることも必要

そこで、このような質問をしてみます。
「毎朝お子さんへ怒ると言われましたが、怒らない日もありませんか?」
すると
「あっ、そういえば、怒らない日もあります」
相談されたお母さんは、ハッとした表情になります。

私たちは、上手くいかないことが続いたり、回数が増えると、あたかもそれが毎日や毎回のように上手くいっていないとに感じてしまいます。
でも実は、そうではないんですよね。

上手くいくときもあるはずなんです。
ところが、上手くいかないことのほうが多いもんだから、気づかなくなってしまうわけです。

例外探しについてこちらもどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
子育ても夫婦関係も「●●」探しでうまくいく

物事を見るときは別の方向から見ることも必要

私たちの脳は次のような癖があります。

・一つの見方をすると同時に両方は見られない
・一つの見方にとらわれやすい
・見たいように見てしまう

だから、上手くいかないことが気になれば、上手くいかないことばかりを考えてしまうわけです。
こういった負のループにはまってしまいやすいのです。
意識的に別の見方をする必要があるということですね。

上手くいったときの状況をじっくり思い出してみる

別の見方をするために、上手くいったときを思い出すのです。
そのときの状況を、できるだけ詳しく思い出してみてください。

ちなみに、相談へ来られたお母さんの例をあげますと

・朝子どもへ怒らなかったときは、どんな時ですか?
→子どもが自分でスムーズに準備できた時

・子どもが自分でスムーズに準備できるときは、どんなときですか?
→子どもの寝起きが良いとき

こうやって考えていけば、上手くいくときの条件みたいなものが見えてきます。

子どもが上手くできたとき親は喜び認めてやること

上手くできていることもあります。
だから、自分を責めなくていいんです。

そして、子どもが準備を自分でできたときに、必ず喜んであげることですね。
「わあー、自分で準備できたね!がんばったね!お母さんすごく助かったし、うれしいよー!」
そうすれば、子どもも認められます。
また、頑張ってみようという気持ちになれるのです。

こういった、小さな成功体験の積み重ねが大切です。
時間はかかりますが、あきらめずにお子さんへ向き合ってみてくださいね。

こちらも参考にどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓
子どもの育つ力を信じるためには親が捨てたほうがいいものがある

でも、朝怒ってしまうことは誰でもあります。
怒っても一言付け加えたらいいですよ。
「お母さん怒りすぎたね。ごめんね。」

どうすればいいのか悩みが尽きないという場合、カウンセリング(有料)のお問い合わせも受け付けております。

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

稲田尚久

稲田尚久(いなだなおひさ)

稲田尚久プロのその他のコンテンツ

Share