まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
稲田尚久

元教師の経験で伝える感情トレーニングのプロ

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

コラム

部下を叱るのが怖い上司必見!叱っても信頼関係が深まる叱り方

部下が理解できる伝え方

2018年2月7日 / 2018年2月26日更新

部下を叱るのが怖い上司必見!叱っても信頼関係が深まる叱り方


「部下を叱るのが怖い」
そういった経験はありませんか?
でも、叱ることは必要な場面があります。
見逃せば、後々大きなツケとなってしまうことも。
そこで、上司と部下の信頼関係が深まる叱り方について書きました。

叱るのはフェイス・トゥ・フェイス

部下を叱るとき、人前で叱るのはダメです。
緊急の場合でない限り、他の同僚がいる前ではやめましょう。
叱るときは、一対一。
子どもでも大勢の前で一人だけ叱られるのは嫌です。
プライドが傷つきますからね。
大人ならなおさらですよね。

部下を呼んだら感謝の気持ちを伝える

部下を呼び、別室へ来てもらいます。
まずは、来てくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

「仕事中に時間をとってすまないね」
「忙しいのにわざわざ来てくれてありがとう」

こういった、一言をまず伝えておくといいのです。
なぜなら、上司から呼ばれるということは部下も緊張しているからです。
緊張しているのに、部屋に入ったとたん叱られ始めると、心の準備もできていませんから、部下の心は受け入れ態勢になっていません。
大事なことが伝わらないのです。

なぜ来てもらったのか?目的を伝える

まずは、呼んだ目的や理由を伝えましょう。
「ここへ来てもらったのは、今日あなたが午前中窓口でお客様へ接しているとき、あいさつの仕方が良くなかったことについて伝えたかったからなんだ」
5W1H.を心がけるといいですね。
いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)

「今日のお客様へのあの態度はなんだ!?」
と、いきなり言われても、部下は何のことか戸惑いますからね。

叱るのはそのときの行為のみにする

叱ったら必ず納得してもらえるとは限りません。
もしかしたら、腑に落ちない態度をとることもあります。

「なんだ?その態度は!?それが叱られている者の態度か?」
「あなたそれでも反省しているの?」
こういう言い方は、良くないですよ。

僕が教師をやっているとき、いつまでもクドクドと叱る先生がいましたが、叱っている途中の生徒の態度に腹が立って、いつまでも叱り続け、時間が長くなっているというのを見たことがあります。
叱られて出てきた生徒は、不満の表情。
「ちょっと、下向いただけなのに…、なんだその態度は?って…。あんなにクドクド言われたら反省する気持ちもなくなるし」
こんなことをぼやいていました。

部下の言い分も必ず聴いてみる

一方的にこちらの言いたいことだけをいうのでは、部下も納得いかないことが多いです。
必ず言い分にも耳を傾けましょう。
上司「私の言うことで、なにか納得いかないなら言ってごらん」
部下「いやあ、あのとき、別の問い合わせが入っていて、頭の中が混乱していて、自分では失礼のないようにしていたつもりなのですが」
上司「そうだったのか。それは大変だったなあ」
部下「そうなんです。必死だったので。こういう時は、どうするのがいいのでしょうか?」

部下のそのときの気持ちを受け止めてやれば、素直に上司の伝えることも聴き、さらに自分から心を開いてくれることもあります。

叱った後は必ずフォローをする

叱るだけ叱って、ハイ終わり。
これでは、部下も後味悪いです。
凹んだ気持ちのまま、仕事をつづけることになります。

僕は教師時代、生徒を叱った後には必ずフォローを入れて終わることにしていました。
「今日は厳しくあなたのことを叱ったけれど、あなたのやったことが悪いだけで、あなたが悪いわけじゃないからね。あなたはいつも明るくて友達を盛り上げたり、クラスを元気にしてくれるすごいパワー持っているよ。それがあなたのいいところだから、これからも頼むね」

その人のちょっとした良さを伝えてやることで、凹んだ気持ちもすこし回復します。
時には、少し笑顔になって戻っていくこともありました。

最近の若い人は、叱られ慣れしていないことが多いので、こういった工夫が必要ではないでしょうか?

叱るときの基準も大切です。
こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
叱り方が変われば子どもも部下も変わるのはなぜか?
子どものため?親のため?叱る基準の決め方はこれだ

叱り方については、以前のコラムにも書いていますので、参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
部下を傷つける叱るときのNGワード

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

稲田尚久

稲田尚久(いなだなおひさ)

稲田尚久プロのその他のコンテンツ

Share