まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
稲田尚久

元教師の経験で伝える感情トレーニングのプロ

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

コラム

短気な父親を変えた怒りのコントロール!アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントとは?

2017年11月2日 / 2018年9月15日更新

短気な父親を変えた怒りのコントロール!アンガーマネジメント

初めまして。
怒りの取り扱いアドバイザーこと、稲田尚久と申します。
現在、小学生から経営者まで、感情コントロール法や叱り方などの講演・研修をさせていただいております。

セミコン

実は、今でこそアンガーマネジメントを教える立場ですが、かつてはイライラを我が子や妻へぶつける最低の父親だったのです。

中学校教師として、2017年3月まで24年間勤務してきました。
学校現場ではできるだけ笑顔でいたい。
しかし、日々様々な出来事が起こるのが学校現場。
イライラや怒りが爆発しそうになることも度々ありました。

怒り顔

学校では怒りを爆発させまいと我慢。
その代わりに家に帰れば、ため込んだ怒りを全て出してしまっていたのです。

「呑んだビールの缶くらい片付けてよ!」
と妻から言われれば、すぐに舌打ちと反論。

舌打ち

「チッ!わかっとるっちゃ!」
家では機嫌のいいときと悪い時の差が激しく、妻も子どももすごく迷惑だったと今になって言われます。

そんな僕がアンガーマネジメントに出会い、大きく変わることができました。
妻や子どもたちから
「お父さん、今までなら絶対怒っていた場面で怒らなくなったね。変わったね。」
と喜んでもらえています。

オッケー

僕が大きく変わることのできたアンガーマネジメントとは?

『怒る必要があることは上手に怒れるようになる』
『怒る必要のないことは怒らない』

自分で適切に判断できるようになる心理トレーニングです。

決して、怒りを我慢するのではありません。
怒ってもいいんです。

アンガーマネジメントは、1970年代アメリカで産まれました。
アメリカでは、ビジネスパーソン、政治家、弁護士、医師、スポーツ選手、俳優などの、職業にとらわれず、様々な人達がよりよい生活や仕事、人間関係を手に入れる為に「アンガーマネジメント」を習得しています。
日本でも、教育現場から企業研修など幅広い分野で活用され始め、急速に広がりを見せています。野村證券では約13000人の社員が受講したそうです。

アンガーマネジメントを身につければ、自分が変わります。
そして、自分の周りとの関係性もより良いものへと変わっていきます。そうなれば、自分の生活がより充実したものへと変化していきます。

今僕は、子育てに対する考え方も変わり、子どもとも妻ともより良い関係を築けています。

イライラお父さんだった僕を変えることができた「アンガーマネジメント」
学んでみませんか?

アンガーマネジメントについて詳しくはこちら
感情コントロール大辞典

講座情報はこちらをクリック

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

稲田尚久

稲田尚久(いなだなおひさ)

稲田尚久プロのその他のコンテンツ

Share

稲田尚久のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22
facebook
Facebook