まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中原崇

家庭支援カウンセリングのプロ

中原崇(なかはらたかし)

ほっとファミリー杜若(かきつばた)

コラム

子どもの遊びと発育への影響4~7つの遊びから~

子どもの発育

2012年10月21日 / 2014年7月3日更新

子どもの頃の遊びが、私たちの人間形成に影響を及ぼしていると言ったら
あなたは信じますか?
ここでは、具体的な子どもの遊びが発育にどのような影響を与えているかを
ご紹介したいと思います。



第4回目は「積み木」






幼児期の頃、経験した「積み木」遊び。沢山積み上げた時の喜びは、
今でも忘れられませんよね。


では、「積み木」は、私たちの人間形成にどのような影響を
与えているのでしょうか?




「積み木」は様々な種類の木を積み重ねていく遊びです。
崩れないように積むには、木の置く位置やバランスを考え、
どのようにして積めば高く積み上げられるかを工夫しなければなりません。



この繰り返しによって、物事の構成力、空間的関係付けを身につけています。








また、高く積むためには、どの木を使えばいいのか。
似ているものをひとまとめにしたり、区別することも必要です。
こういった作業をとおし、分類や選択力を身につけていきます。
さらに、大きな積み木は最初に使って、小さな積み木は最後に使うなど、
時間的関係付けも身につけています。

物事は直感的に考えたり、抽象的に考えるだけではうまくいきません。
論理的に考えて実行することも必要です。


空間的関係付け、時間的関係付け、分類等の論理数学的知識を身につける「積み木」遊び。
理学者は子どもの頃、「積み木」遊びが好きだったという統計もあるぐらいです。



たかが「積み木」。されど「積み木」



なぜ、「積み木」が昔から推奨され、今なお残っているのか。
それは子どもの発育に欠かせないからと言っても過言ではないと思います。


この記事を書いたプロ

中原崇

中原崇(なかはらたかし)

中原崇プロのその他のコンテンツ

Share