まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中原崇

家庭支援カウンセリングのプロ

中原崇(なかはらたかし)

ほっとファミリー杜若(かきつばた)

コラム

子どもの遊びとコミュニケーション力

子どもの発育

2011年12月13日 / 2012年9月20日更新

「子ども時代の遊びが、
 大人になってからのコミュニケーション力に影響する」




これは、決して過言ではないことです。



今回は子どもの遊びの変化が、
コミュニケーション力の低下を招く可能性について、
取り上げたいと思います。




外遊びが完全に衰退したとは言えませんが、
現代の子ども達はネットやゲームで遊ぶ時間が
20~30年前に比べて格段に増えました。

20~30年前の子ども達は、鬼ごっこ・かくれんぼ・
野球・サッカー等の遊びで夢中になっていました。




これらの遊びに共通していることは何でしょうか。





そうです。




これらは仲間がいないとできない遊びです。



当時の子ども達は遊ぶためには、
仲間に入れてもらうことが前提でした。



意地悪をした時、自分勝手をした時は
仲間外れにされました。




その経験から・・・


どういった言動が人を傷つけるのか、
どういった言動が相手に喜ばれるのかを、
失敗を繰り返しながら学んできました。



とても貴重な経験だと思います。



この積み重ねが、社会に出てからの
コミュニケーションの基礎となり、非常に役立ちました。




ネットやゲームによる遊びが一概に悪いとは言えません。



しかし、仲間に入れてもらうための学習の機会というのは、
少なからず子どもの時に経験しておくべきことです。



かつては遊びを通して学んできたコミュニケーションの基礎。


この機会が失われた子ども達が
大人になってコミュニケーションに苦労するのも、
一理あるわけです。

この記事を書いたプロ

中原崇

中原崇(なかはらたかし)

中原崇プロのその他のコンテンツ

Share