まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
小川信行

専門的知識と技術による耐震診断・耐震補強のプロ

小川信行(おがわのぶゆき)

一級建築士事務所 ヒマラヤ空間工房

小川信行プロのご紹介

伝統木造から在来木造まで。安心・安全に住まうために(2/3)

小川信行 おがわのぶゆき

より高度で的確な耐震診断法により、大切な住まいを救う

 大学の土木工学科を卒業後、ゼネコン勤務を経て、木造住宅を得意とする建築設計事務所に就職した小川さん。「伝統は継承させ発展させていく必要がある。民家を研究し、現代に適応させたものを創っていくのが、本来あるべき姿である」というイタリアの建築家の言葉を座右の銘としているそうです。

  「つい最近まで、木造建築の世界は経験と勘の世界で、あまり構造計算というものは重視されていませんでした。ところが、阪神淡路大震災後の2000年の建築基準法改正により、従来の木造は金物を使って緊結しなければならないと定められました。従って、伝統的構法で建てられなくなったわけですが、くしくも同じ法改正で導入された限界耐力計算などの構造計算で耐震性を証明すれば伝統工法でも建築可能だということになりました。また、既存の伝統建築文化財は、振動解析により耐震補強がなされ、高梁市の吹屋小学校も限界耐力計算により耐震補強がなされます」

  限界耐力計算は、文化財などの耐震診断や耐震補強では普及しているが、文化財以外の伝統建築にはまだまだ普及していないという。「最近、坂出市の寺の登録文化財申請を行った時、住職が地元で限界耐力計算できる人を探したが見つからず、構造計算による補強ができなかった、と言われていました」という小川さん。県内でも対応できる診断士は数少ないそう。「それならば、これまでの診断の経験を生かし、文化財や寺社、古民家などの伝統的工法や、在来木造工法を守るためにお役に立てるのではないかと考えたのです」と、診断への自信をのぞかせます。

小川信行プロのその他のコンテンツ

Share

小川信行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-3889-5329

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小川信行

一級建築士事務所 ヒマラヤ空間工房

担当小川信行(おがわのぶゆき)

地図・アクセス

小川信行プロのその他のコンテンツ