まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
小川信行

専門的知識と技術による耐震診断・耐震補強のプロ

小川信行(おがわのぶゆき)

一級建築士事務所 ヒマラヤ空間工房

小川信行プロのご紹介

伝統木造から在来木造まで。安心・安全に住まうために(1/3)

小川信行 おがわのぶゆき

限界耐力計算による伝統木造診断法との出合い

 倉敷市街地から水島方面へ向かい、古城池トンネルの手前を東へ。緑豊かな種松山を背景に建つ築120年の古民家が、「一級建築士事務所 ヒマラヤ空間工房」(岡山県倉敷市黒石)のオフィス。一級建築士の小川信行さんは、これまで無垢(むく)の木や漆喰(しっくい)などの自然素材にこだわった新築住宅やリフォームを30年以上手がけてきました。現在は、木造住宅の耐震性や耐久性の向上につながる構造計算を用いた耐震診断に特化して活動しています。

  「耐震診断に本格的に取り組もうと考えたきっかけは、2009年に出合った『限界耐力計算による伝統的構法の耐震設計法』に関する著書です」と話す小川さん。著書に共感し、この設計法のとりこになり、約10年間学習と実践を重ねてきたそうです。限界耐力計算とは、伝統木造建築物が地震により傾く角度を指標に、地震にどこまで耐えられるか計算する方法のこと。2000年の改正建築基準法で導入された構造計算法で、もともとはコンクリート造や鉄骨造の中高層建築が対象であったが、伝統木造建築物の耐震設計に適用することが可能になりました。

  「限界耐力計算は、振動解析なのでとっつきにくいですが、この設計法を用いれば、伝統的構法で建てられた建物の耐震設計に非常に有効だという気づきを得たのです」。限界耐力計算による耐震診断に携わるなか、2017~2018年には福山城の湯殿の耐震診断に関わり、JSCA関西の評価も受けました。また、「岡山県木造住宅耐震診断員」として100棟以上の一般診断および補強計画に携わっており、耐震診断に特化したプロとして活動しています。

小川信行プロのその他のコンテンツ

Share

小川信行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-3889-5329

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小川信行

一級建築士事務所 ヒマラヤ空間工房

担当小川信行(おがわのぶゆき)

地図・アクセス

小川信行プロのその他のコンテンツ