まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中條新次郎

世界へ歯科医療を広めるプロ

中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

医療法人 中條歯科医院

コラム

Qインプラントと入れ歯の併用について

2015年5月26日 / 2015年6月1日更新

Q:下の総入れ歯が動いて使いづらく、困っています。
インプラントで入れ歯を固定できると聞いたのですか、どんな治療をするのでしょうか。

A:
通常のインプラントでは入れ歯にしないために使われますが、入れ歯を併用している患者さんのために使われるインプラントもあります。特に、下顎の総入れ歯が浮いて、食べ物がよく噛めないという場合、入れ歯をしっかり安定させるために使われるのが「ミニインプラント」です。これは、通常のインプラントとは異なり、歯茎の切開はせず、4本の細いミニインプラントを埋入することで、入れ歯の安定の維持を図ります。
また、通常のインプラントを2〜4本埋入し、インプラントに「アタッチメント義歯」を付け、入れ歯を安定させる術式もあります。主な術式は、インプラントに突起、義歯にゴムリングをセットし、ホックで留めるようにして義歯を固定する「O-リングアタッチメント」、インプラントに磁石のアタッチメントを付ける「磁性アタッチメント」、インプラントに金属の土台を取り付け、それらを金属バーで連結し、そのバーを挟むクリップの付いた入れ歯を装着させる「バーアタッチメント」があります。
総入れ歯の人が通常のインプラント治療を行う場合、インプラントの埋入本数が非常に多くなってしまうので、治療費が高額になってしまいますが、ミニインプラントやアタッチメント義歯と併用する場合、費用を抑えることができ、外科的侵襲も少ないことがメリットです。ただし、顎の骨の量や歯周病、全身疾患の有無などの事前診断が必要なうえ、個々の適正な術式が異なるので、事前に医師と相談してください。ちなみに、部分入れ歯の人は、歯が抜けている部分にインプラントを埋入することで、入れ歯を使わずにすむようになります。

この記事を書いたプロ

中條新次郎

中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

中條新次郎プロのその他のコンテンツ

Share

中條新次郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-928-818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中條新次郎

医療法人 中條歯科医院

担当中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

地図・アクセス

中條新次郎のソーシャルメディア

rss
rss
2014-04-11

中條新次郎プロのその他のコンテンツ