まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中條新次郎

世界へ歯科医療を広めるプロ

中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

医療法人 中條歯科医院

コラム

Q定期健診やメンテナンスの重要性について

2015年5月26日 / 2015年6月1日更新

Q:インプラントの治療を行いましたが、メンテナンスのため、治療後も通院が必要と言われました。
なぜメンテナンスが必要なんですか。

A:
インプラントは、ネジのような形をした人工歯根で、表面にアパタイトがコーティングされており、周囲溝を含め、細菌が付着しやすい状態になっています。このため、インプラント治療を行った場合には、その後も定期的に検診やメンテナンスを行うことが必要不可欠なのです。
歯肉炎が進行し、歯周炎となるように、インプラントも「インプラント周囲粘膜炎」から「インプラント周囲炎」へと進行します。「インプラント周囲粘膜炎」は歯肉炎と同様、歯茎だけに炎症がとどまっている状態なので、患者さんによる適切なブラッシングや、医師または衛生士が歯茎の周りの歯石を除去することにより、炎症がなくなり、元の健康な状態に治すことができます。しかし、メンテナンスを怠ると、インプラントに汚れが付着したり、口腔内の環境が悪いと歯周病のように粘膜が腫れ、細菌が深部まで入り込み感染してしまう「インプラント周囲炎」という病気になります。インプラントを支える骨が欠損すると、歯茎をはく離し、インプラント表面を清掃したり、人工骨を作って骨の再生療法を行うなどの外科的治療が必要になります。
インプラント周囲炎にならないためにも、また仮になったとしても、早期発見するためには、半年に1回の定期健診やメンテナンスが大切です。定期健診では、レントゲンやCT検査でインプラントの状態やかみ合わせをチェックし、メンテナンスでは歯の清掃を行います。また、最近では、インプラント特有の形態や埋め込み方に合わせた、セルフケア用のメンテナンス器具もあります。医師や衛生士の指示に従って使用してください。

この記事を書いたプロ

中條新次郎

中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

中條新次郎プロのその他のコンテンツ

Share

中條新次郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-928-818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中條新次郎

医療法人 中條歯科医院

担当中條新次郎(ちゅうじょうしんじろう)

地図・アクセス

中條新次郎のソーシャルメディア

rss
ブログ「院長のお仕事」
2014-04-11

中條新次郎のソーシャルメディア

rss
ブログ「院長のお仕事」
2014-04-11

中條新次郎プロのその他のコンテンツ