まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
坂田健二

空白の時を過ごせる住空間を創造する設計のプロ

坂田健二(さかたけんじ)

atelier BLANC/ブラン建築アトリエ

コラム

北欧デザインが似合う家 ─照明器具─

住宅設計

2012年5月28日 / 2014年7月3日更新

前回の設計例を使って、今回は照明のお話。

住宅を設計させていただく場合、天井に付けて部屋全体を均一に明るくするタイプの照明器具は採用しません。もちろん、子供部屋(勉強部屋)や特別な事情がある場合は例外です。

住宅には、用途に応じた明るさ(暗さ)があっていいと考えます。食事をするなら食卓にあかりがあればそれでいい。本を読むならそこだけ明るければいい。
部屋全体が不必要に明るい・・・そんな雰囲気の中で“BLANC(空白)の時”は過ごせません。
ひとつの部屋の中で、光の明暗の差を上手くつくってやることが、空間のコーディネートのポイントです。

セレクトする照明器具は、シンプルでナチュラルモダンな住空間に合わせ、北欧のものをセレクトします。
日本に比べて、照明が人の目に近い位置におかれることが多い北欧の照明は、デザインが美しいのも然ることながら、機能面でも同様に優れています。
例えばポール・ヘニングセン(1894-1967 デンマーク)がデザインした名作“PHシリーズ”。ふとした瞬間に直接電球を見てしまい、「あっ、眩しい!」ということがないように緻密に計算されたセード。どこからも光源が見えず、柔らかな間接光だけが空間に放たれます。

住宅はライティングの仕方によって空間がぐんと豊かさを増し、それが暮らす人々に安らぎを与えてくれます。

PH Snowball
PH5 Plus
Panthella Floor Lamp

写真上:PH Snowball(ポール・ヘニングセン作)
写真中:PH5 Plus(ポール・ヘニングセン作)
写真下:Panthella Floor Lamp(ヴァーナー・パントン作)

※以上、すべてルイスポールセン社製







 

この記事を書いたプロ

坂田健二

坂田健二(さかたけんじ)

坂田健二プロのその他のコンテンツ

Share

坂田健二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-239-0211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂田健二

atelier BLANC/ブラン建築アトリエ

担当坂田健二(さかたけんじ)

地図・アクセス

坂田健二のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-10-16

坂田健二のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-10-16

坂田健二プロのその他のコンテンツ