まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

武冨美恵子プロのご紹介

姿勢&笑顔で活き活きとした自分磨きをサポート(2/3)

「キラキラオーラの出る写真の撮られ方」セミナー

「接遇」経験がマナー講師のきっかけに

 武冨さんは兵庫県出身。20年前にご主人の転職を機に岡山に移り住み、4年前までずっと金融機関に勤めていました。窓口経験が長かったこともあり、当時から「接遇」にはとても気を配っていたといいます。「筆記用具一つ、お客様に渡すときには丁寧にと心がけていました。きちんと接遇ができていれば、お客様の気持ちも“晴れ”にできます」。接客業を通して、いつも口角を上げた笑顔でいること、背筋を伸ばし美しい姿勢でいることの大切さを知り、多くの人に広めていきたいとの思いが起業へのきっかけとなっているようです。
 「もともと学ぶことやチャレンジ精神旺盛な性格」という武冨さんは50歳を過ぎてからマナーに関わる検定などに挑戦し資格を取得。ウオーキングや姿勢のレッスンに通ううち、『第6回ミセス日本グランプリ』にエントリー、結果、ファイナリストまで残りました。
 「ミセスを対象とした全日本のイベントで、単に美しいだけでなく『社会と向きあい環境やエコに関心を持ち健康的で知性と美しさを兼ねそなえたミセス』ということで選出されたわけですから、とても光栄に思っています」と武冨さん。そういったことも自信に繋がり2014年1月に「マナー講師」として「ライフサポーターDre-am」を起ち上げ、これまでに講演会等を含めて、述べ500人もの人たちに、マナーや笑顔、姿勢の大切さを伝えてきました。
 今年の2月には起業1周年記念として、「キラキラオーラの出る写真の撮られ方」セミナーも、ゲストに現役モデルで作家でもある豊川月乃氏を迎えて開催しました。
 また社会貢献やボランティアといったことにも関心が高く、小児がんの治療過程や無毛症の子どもに髪を寄付する「ヘアドネーション」も最近行いました。命に関わるマナー「点字ブロックの上に物を置かないで」のマモちゃん基金の活動も行っています。

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share