まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

監修:山陽新聞リビングガイド3~4月号 上手なお付き合いのためのマナー講座

食事のマナー

2018年4月9日 / 2018年8月19日更新

【山陽新聞リビングガイド3~4月号 上手なお付き合いのためのマナー講座!・・・美活美育美eco®ライフ№193】
 山陽新聞をご購読されているお宅には、暮らしにアクセントを添えるというテーマのもと、
「山陽新聞 リビングガイド」毎月届けられています。
 B5サイズの薄い冊子がチラシの中に挟まっていますので、見落とされないようになさってください。
 月に一度、10日前後に山陽新聞とチラシと一緒に配達されます。
 リビングガイドの内容は暮らしに役立ち、暮らしを楽しむ記事が掲載されています。






 例えば、季節に関するイベント、販売所の方がお薦めするスィートや食事、健康に関すること、お住まいのこと、マナー講座、ファッション、お料理、習い事等、日々の暮らしで興味使い内容がラインアップされています。お陰様で1月号から、マナー講座の監修をさせていただいています。 

 3月号、4月号のマナー講座について、補足いたします。
 3月号は「おもてなしのマナー お茶菓子、お食事編」です。
この時期は、卒業、就職、転勤などの人の異動が多い時期です。また、お子様をお持ちのお宅では、5月には家庭訪問等もありますので、参考になさってください。
 お客様を迎える方のおもてなしについて記載しています。
お茶とお菓子のもてなしについてですが、
一番大切なことは、
お客様のお好みをご用意することです。相手の好みがわからなければ、2、3種類用意しておき、季節や天候に合わせて、熱い冷たいをお伺いすることも大切です。また、コーヒーや紅茶の場合はお砂糖やミルクの用意も必要です。基本的に日本茶には和菓子、コーヒー、紅茶にはケーキや焼き菓子等を準備しましょう。お客様が頂きやすいものが喜ばれます。
器になみなみとお茶やコーヒーを入れる方もいますが、カップの6~7分目までにしますと上品に感じ、溢すのを防ぐことができます。

 お箸については、
箸には格があるので、気にかけましょう。
高価な塗り箸のほうが割りばしよりも格が高いように思いがちですが、一度限りの割りばしのほうが格上になります。元禄箸は手の入りやすいのですが日常用なので、来客には両端が先の細い利休箸や箸の頭部が斜めにカットされた天削箸を用意しましょう。
 また、大皿から刺身などを頂くときは取り箸を用意すると、お互いに遠慮なくいただくことができます。刺身などは直箸でいいと確認していても、食事が進み、箸先が汚れてくると、遠慮して残してしまうことが多いようです。




 4月号は「和食のテーブルマナー 箸と器の扱い方」についての記事です。箸の扱い方や器の扱い方について、写真を掲載してわかりやすくしています。その際、指先はのばして、指をそろえることを意識して行っていただきますと、とても美しく上品に感じます。
 また、お箸の作法には忌み箸や嫌い箸と言って、相手に不快感を与える箸使いがありますので、注意いたしましょう。
 紹介されていますのは、
移し箸(拾い箸)・・・料理を箸から箸へ渡すこと
刺し箸     ・・・食べ物を箸で突き刺して食べる
涙       ・・・料理の汁を垂らしながら食べる
等ですが、他にも
 迷い箸     ・・・お皿の上で箸をうろうろさせること
 探り箸     ・・・料理の下からひっぱり、盛り付けを台無しにする
 寄せ箸     ・・・を箸で引き寄せること。テーブルを気付つける
等、まだまだございますので、気を付けましょう。

春は入園、入学、入社等新しい環境で食事をする機会が増える季節ですので、箸使いや器の扱いについても見直してみましょう。
特に小さいお子様は小さい時についた癖はなかなか改善できないので、正しい箸使いを確認してあげましょう。




《おしらせ》
4月14日(土)から始まります済生会フィットネス&カルチャークラブで始まる
「姿勢と立ち居振る舞いでイメージアップ!活き活きマナーレッスン」
今期は《食事のマナー編》です。
詳しくは086-252-1101(済生会フィットネス&カルチャークラブ)にお問い合わせください
【済生会フィットネス&カルチャークラブのHP】
http://www.okayamasaiseikai-syowa.jp/culture/#top_search_list
http://www.okayamasaiseikai-syowa.jp/culture/
【マイベストプロ岡山:ライフサポーターDre-am】
http://mbp-okayama.com/bikatsubiikubieco/service1/

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share