まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

マナー 亡くした物を探す

暮らしのマナー

2017年3月3日 / 2018年9月17日更新

【マナー 亡くした物を探す・・・美活美育美eco®ライフ№152】
春は移動の時期です。新しい生活を始められる方もいるでしょう。進学や就職、転勤のために引っ越しされる方も多いことでしょう。
引っ越しではなくても進学や進級のために部屋の整理もされることでしょう。
整理整頓で部屋が片付くのは嬉しいのですが、場所を移動したりして、物のある場所がわからなくて物を探すのに時間がかかってしまいます。

大切なものなど、使おうとするものがなくなって見つけられない時などどうされていますか。
例えば鍵など、使おうとした時にないと慌てます。あちらこちらを見ても見つけられない時は
落ち着いて、前はいつ使ったかを考えて再現してください。
 
 再現は頭の中でする場合と、実際にいた場所でする場合があります。
 いつ、
 どこで
 誰が
 何を
 どのようにしたか
こう考えていきますとけっこう思い出します。

特に子供などの弱い立場の人には
「どこに置いたの~」と、ヒステリックに言ったり、威圧的に言いますと慌てて余計に思い出しにくくなります。

 「いつ」は前に使ったのはいつなのか、何月何日何時頃、時間まで思い出せないようでしたら、
午前、午後、夜などでも大丈夫です。
 「どこで」は家の中か、家の中ではどの部屋か、
「誰が」自分自身がという答えになった際は、他の誰が一緒にいたのか。その事を尋ねるのはいいのですがその方の責任と言うような言い方は良くないですね。お互いの感情が捻じれて探す事に集中できなくなります。
「何を」その時一緒に持っていた物やしまったものはないか
「どのようにしたか。」そこで何をしようとしたのか。何のためにそこにいたのか等と考えますとたいてい記憶がよみがえります。

そしてその周辺をしっかり探してください。まさかこんなところにと思うところも良く見てください。
思わぬところにあることがあります。ここまでは見たと確認しながら見てください。同じところばかり見るのは非効率的です。
最後に封筒を捨てる時は必ず、3辺を開きましょう。
封筒の中を覗いただけでは見落として大切な書類や現金を同封したまま、捨ててしまうことがあります。
片付けにより、大切な何かをなくしてしまわないように心がけてください。

何かを探す時には、最初に立ち戻って落ち着いて探すことが一番です。





【お知らせ】
見た目年齢 マイナス○○歳
心も体も変わる!アンチエイジング姿勢講座
http://mbp-okayama.com/bikatsubiikubieco/service1/

http://m bp-okayama.com/bikatsubiikubieco/column/12182/

姿勢と立ち居振る舞いでイメージアップ!
活き活きマナーレッスン
http://mbp-okayama.com/bikatsubiikubieco/column/13085/

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

関連するコラム

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share