まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

マナー お箸の持ち方教室の感想を頂きました

和食のマナー

2016年12月21日 / 2016年12月29日更新

【マナー お箸の持ち方教室の感想を頂きました・・・【美活】・美育・美ECOライフ№126】
 お箸の持ち方教室の感想を頂きました。
小学一年生の皆様が丁寧に一生懸命書いてくださったご様子がよくわかります。
お一人お一人の思いや言葉で一生懸命に感謝の気持ちを表してくださっているのが伝わってきます。
 感想文を書いてくださるのにも、担任の先生などのご尽力が必要です。先生方の導きがあって、のことだと感じます。
 このように感謝の気持ちを届けてくださいました。




感想文をまとめてみました。感想文の中に複数の感想がひっていましたので項目ごとに集計いたしました。

お箸の持ち方教室感想(複数感想あり)41人
件数
ありがとうございました(お礼)
36
その後、お箸を上手(正しく)に持てた
23
お箸の持ち方が良くわかった
8
その後、家で練習している
4
分かりやすかった
3
家では教えてもらえなかった
3
楽しかった
2
また、先生と勉強したい
1
お箸の種類が多いと知った
1
ルールを学んだ
1
中指の使い方がわかった
1
大豆がつかめるようになった
1
お箸の持ち方はむずかしい
1
お箸の持ち方を覚えます
1
お箸の持ち方を教えてくれてうれしい
1
正しい持ち方で食べます
1
前は箸がばってん(クロス)になっていた
1
姉に教えてもらっている
1
先生に教えてもらってよかった
1
合計件数
91

 年末年始と外で食事をする機会も多く、親類の方達との食事の機会も多いのでお子様の食事の様子について、今一度確認してアドバイスをしてあげてください。

 まず、食事をする際には姿勢が大切になります。
「いただきます。」や「ごちそうさま。」は、食材に対して、食事を準備してくださる方に対して感謝の気持ちを込めていってますでしょうか。
食材に対しては、野菜や家畜などは育ててくれた方、運んでくれた方、売買された方、命をつなげてくれた魚や家畜、植物など。
食事を準備してくださった方は、売買、作ってくださった方、運んでくださった方などに感謝して残さないように致しましょう。

箸使いや消化のためにもきれいな姿勢が大切です。
うつむき加減になりますと、食事の作法としては見苦しい「犬食い」のようになってしまいます。
犬食いは顔を器に近づけて食べることを言います。動物が器に顔を近づけている様に似ていて、周囲の方が見ていても見苦しく感じます。
 また、日本食では手の中に入るほどの大きさの食器は箸を持つ手でない方の手に持つことができるので、日頃教えてあげてください。
そうすることによって、安心して食べることができますので顔を近づけずに食べることができます。
 机と身体、こぶし一つぐらい入るほどの隙間を開けて座ってください。足はしっかり床に付けて、上から引っ張られる感じで座ってください。
 良い姿勢をしっかり作ってから、食事は頂きましょう。

お箸の持ち方レッスン

http://mbp-okayama.com/bikatsubiikubieco/service1/463/

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share