まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

マナー 食事の作法:学びのレストラン・

西洋料理のマナー

2016年9月1日 / 2018年8月19日更新

【マナー 食事の作法:学びのレストラン・・・【美活】・美育・美ECOライフ№99】

以前、新聞で婚活についての記事を読みました際にこのような内容を目に致しました。
それは、女性が男性に対して、驚くことが食事の様子です。婚活パーティの際、女性が男性の食事の様子を見て、幻滅したというような記事がありました。
お箸の持ち方、食器の扱い方、食事の際の姿勢など、女性にとりましては重点項目と言っても過言ではないほど、気になるようです。
 当然、気になる事でしょう。昨日まで別々の環境の中で暮らした男性と女性が同じ家の中で食事を共にするようになりますので、当然気になります。また、その様子は意識するしないにかかわらず、いずれ自然とその子供にも受け継がれています。

 もし、仮にこのようなフレンチのお店があればどう感じるでしょうか。
フランス料理のお店があります。フロアスタッフの方々の言葉遣いや立ち居振る舞いは
丁寧できちんとされており、感じいい対応をされています。
 
 ランチタイムのお客様にこのようなカップルが三組いらっしゃったとします。
 1組目は素敵で爽やかな20代と思われる二人です。飲み物も楽しまれています。しばらく致しますと男性がビールを片手に足を組んでいます。テーブルと片足のひざから下が平行です。一瞬かなと思っていますと。前菜からデザートまでずーとその態度です。目の前の女性もその態度が気になる様子もなく楽しそうに笑っており、二人とも楽しそうにしています。

 2組目は50代男女、ご夫婦のように感じます。それなりにおしゃれな男性のように感じますが右手の肘を机について、召し上がっています。そのせいでしょうか、常に体が右に傾いており、顔がテーブルに近づいています。肘をつくとこのような感じになるのでしょうか。

 3組目は男性の椅子に座っている姿が背もたれに持たれて、くつろいだ雰囲気のまま食事をされている様子です。こちらは40代の男性のようですが、なんとなくお疲れモードが感じられてすっきり感がないように感じます。

 いずれの男性も仮に職場でバリバリ仕事をしている方だと、職場で見ている姿に憧れさせ感じます。しかし、共に食事をする機会があり、その姿を見た時は前述の3人の男性をかっこいいと感じる方はいないかもしれません。

 男性の食事のマナーにつては女性に比べて、注意されることが少ないかもしれません。それ故に女性に比べて、人前でも見苦しい立ち居振る舞いが気にならないのかもしれません。




 
 私が以前に経験しました事ですが、誕生日をお祝いするためにそのエリアでは高級と思われるレストランでフレンチを頂いた際に、若いカップルが執拗にボディタッチをしながら食事をしている様子が視界に入ってきました。流石に目のやり場に困りました。
 ワンランク上のお店を利用して、女子力を上げましょうと美容本などでよく読みますが、奮発してワンランクアップしたつもりがこのような光景に出合いますと、運が悪かったでは済まされない何かがあります。

 実際にこのような場面に出くわせた際は、学びの時を持つことができたと前向きに考える事はむずかしいことでしょう。それよりもお店の方のサービスやお食事の味よりも
お店の雰囲気として、記憶に残ってしまうのは不思議な事です。

 「美しい箸使い」や「食事のマナー」について、一人でも多くの方にお伝えしたいと願っていますので、お気軽にご利用くださいませ。

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share