まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

マナー 人生を変える手紙

手紙 マナー

2016年8月11日 / 2018年8月19日更新

【マナー:人生を変える手紙・・・【美活】・美育・美ECOライフ№94】

昨日、初めてお会い致しました女性、手紙で人生を変えた方、人生を切り開いていった方と申しても過言ではない方に出会いました。

 なんとなくはがきや手紙を出す機会が少なくなりました昨今、メールを贈りますと瞬時に相手に届きます。また、既読されたかどうか確認機能もございます。
 さらに携帯電話の普及により、ラインで簡単に文字を贈ることができます。しかし、メールもラインも個性を表す事のない活字で相手に届きます。機械により映し出された言葉に、慰められたり、喜ばされたりするかもしれませんが、なんとなく味気ない事です。
肉筆の文字は力強さを感じさせられたり、優しさを感じる事が出来たりと感情も一緒に運んできてくださっているような気持になります。

 私は手紙やはがきを書くように努めています。私もメールもラインも使いますが、お礼状や季節の挨拶、また、大切な方を亡くされたそのご家族には筆ペンですが、直筆で書かせていただきます。相手に気持ちを届けたいという想いからです。

 マナーレッスン「美活コース」で手紙のマナーと美しい手紙の書き方をお伝えしています。その際、いつもお話させていただきますのは、
「手紙やはがきをどんどん書いてください。美しい手紙やはがきは貴女の人生を広げます。ご自分の世界を広げてくれるのが、手紙やはがきです。先日まで、遠い存在の方との距離を近づけてくれる力があります。」と、その方が楽しく人生を過ごせるようにと願いを込めて、手紙のマナー等について説明を致します。

 昨日お会い致しました方は大のお相撲ファンで元力士の曙関やや水戸泉関の結婚式にご招待されたとの事でした。
 御親戚の方か、相撲界に知り合いのいる方かと思いました。力士の方には大勢のファンがいる事でしょう。ただ、相撲が好き、特定の力士が好きだけでは、相手に想いが届かないでしょう。

 思いを届ける方法
皆様でしたら、どのようになさいますか。
私はこれだと思うことがありますので尋ねてみました。

「ラブレター」ならぬ「ファンレター」でを出されましたか。

「はい、良く書いて送りました。」

ただ、書き続けるのではなくて相手の目と心に泊まることが大切でしょう。





手紙を送って、結婚式まで招待されるようになったその方は
力士にとっては顔も知らない方だったのでしょうが好印象をもたらすような相手を思いやる気持ちや応援している気持を綴られたことでしょう。
 手紙は相手を思いやり、相手の立場を考え、一定の距離も保った品の良い手紙の書き方を学ぶ事も大切になります。
 
時に周りの方を振り回すような手紙を送って、不幸になったワイドショーがらみのお話を聴きますと心が痛みます。しかし、こちらはモラルの問題であってメールやラインも同様です。

 昨日、出会いました知性ある女性のお話を伺いまして、私の手紙に対する思いを確固たるものにして頂いたように思います。

 ご自分で手紙を書くことにより、心を届けましょう。


この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share