まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

オリンピック 国際大会の応援のマナー 国旗

【オリンピック 国際大会の応援のマナー 国旗・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№87】

 リオデジャネイロオリンピック開幕まであと数日となってきました。テレビではリオデジャネイロで練習している選手の姿も映し出されています。
 オリンピックに先立って、選手の壮行会等が行われ、日の丸に応援メッセージを記載して選手に手渡された等の記事を見ます。
 日の丸に友達や知り合いの名や応援メッセージが寄せ書きをされているのを見ましたら、選手は励みになり、勇気が湧いてくることでしょう。

 時にさまざまな場面でこのような質問をされていますのも見ます。ロンドンオリンピックで国旗に応援メッセージを書いているのを他の国で見たことがない、外国人が国旗にマジック等で文字を書いているのを見て驚愕した等の記事をSNSなどで見ることがあります。  
 




 確かにオリンピックなどの国際大会で、日の丸以外の国旗にメッセージを書いているのを見たことがありません。たまたま、見なかったのかもしれません。
 日の丸は白い部分が多いので、文字を記載しやすいように思います。他国の国旗にはそのようなスペースがないようにも思います。
 
 日の丸に応援メッセージを書きますのは、それだけの理由でないようです。太平洋戦争の遺品の中に見つけられた日の丸は戦地へ向かう戦士への思いを書きとめたようです。そのような同じ思いで選手への応援メッセージを日の丸に書いているのかもしれません。

 ただ、プロトコールの観点から、国旗について理解していないと国際社会で大変に事態に発展することもあるようです。

以下はPHP研究所から出版された「大人のマナー講座」明石伸子著からです。
●国旗の扱い
 国旗はその国を象徴するものであり、いかなる国旗に対しても十分に敬意を払うことが大切です。国旗を法律で規定している国もあれば、そうでない国もありますが、国旗を手荒に扱ったり、国旗の向きも違うことなど掲揚方法を間違ったりすることは、その国を侮辱することになるので注意が必要です。
 ちなみに、わが国では1991年に「日章旗」を国旗とし、「君が代」を国家とすることが正式に定められました。
・国旗掲揚時のマナー
 国旗が掲揚される時は、脱帽のうえ、起立して静止する。
・ポイント
 国旗は国の象徴であり、国旗に落書きをしたり、国旗を侮辱したり、汚損してはいけません。
国旗に敬意を払わず、掲揚以外の目的で使用すると場合によっては深刻な外交問題によっては深刻な外交問題に発展することもあるので注意が必要です。

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share