まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

応援のマナー 競技場でのセキュリティーチェック

【応援のマナー 競技場でのセキュリティーチェック・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№85】

ここ数年、ニュースや新聞でテロの記事が頻繁に掲載されています。見るたびに胸が痛みます。
 数日後に始まろうとしています「リオデジャネイロオリンピック」では、そのような事がないように多くの方が願っています。空港や競技場では、荷物のセキュリティーチェックがより一段と厳しくなることでしょう。

北京でのセキュリティ―チェック

 世界陸上競技選手権北京大会では地下鉄に乗車する際も、手荷物のセキュリティーチェックが行われていました。ペットボトルのお水には敏感で没収されることや、飲んで証明した記憶があります。流石に北京オリンピックの頃に比べると、緩い部分もあったように感じました。
 北京オリンピックに応援に行きました時の想い出はセキュリティ―が厳しかったことです。地下鉄に乗る際、競技場近くのゲートでのセキュリティーチェックは空港以上の
厳しさがありました。金属探知機やボディチェック等、念入りに行われました。入場までにかなり時間がかかりました。
また、オリンピックの時は応援する際も道路に軍隊が立っていて、道の脇を軍隊が陣取っていて、遠くからしか選手が見ることができないような状態でした。





様々な方法のセキュリティーチェック

 最近の世界情勢を見ていますと、多くの方の安全を守るためには必要な事だと感じます。
国内で行われているコンサートや試合観戦などでスタジアムに入る場合もセキュリティーチェックが行われている事でしょう。方法は様々でしょうが統一の必要があると感じます。
本年、名古屋のパロマス瑞穂タジアムで行われました日本陸上競技選手権では、バッグを開けての検査でした。
 「これで大丈夫かしら。」と、簡易な検査がありがたくもあり、不安でもあります。
 

厳重な国会議事堂のチェック

 2012年にロンドンを訪れました際に、ビッグ・ベンに行きました。ビッグ・ベンはウエストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する、時計台の大時鐘の愛称でおなじみの大きな時計台です。
知人の反対を押し切って、国会議事堂に入りましたのは私一人でした。入り口での厳重なチェックに驚いてしまいました。
 まずはパスポートを出します。この行為は海外旅行によくある光景です。パスポートを写されて、次は顔写真を写されました。そして、顔写真にバーコードのついたカードを首から掛けられました。つまりIDカードです。そして、空港と同じようなX線のセキュリティーチェックが行われました。合格しますと十人を1グループにして、1人ガイドがついて、議事堂内を案内してくれました。
 常にグループには10人いるか数えながらのご案内でした。案内が終わって送り出す時も当たり前のことですが、しっかり人数を数えていました。

日本人は中を見ない!

 退場する際の受付の方と英語でのやりとりです。
「日本語のイヤーガイドはないのですか。」と、尋ねますと、
「日本人は来ないので、その必要はない。」と、言われました・
「えっ、日本の観光客はとても多いですよ。ですので、考えてくださいね。」と、言いますと
呆れた顔で、
「日本人は中を見ないよ。外だけでしょ。」と、言われてしまいました。
なんとなく、日本人がそう思われているような、うわべだけしか見ないでしょと言われているようで寂しい思いをいたしました。

命を守るために!

 話をセキュリティーチェックに戻しますが、
「一部の人の犯罪のために大勢が確認される」のは面倒ですが、それで人の命を守れるのでしたら、この世界状況の中、気持ちよく係りの方が順調に検査ができるよう協力していきたいものです。


 

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share