まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
武冨美恵子

美しい姿勢と笑顔づくりのプロ

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

コラム

ミセス日本ファイナリスト・マナー講師美ECOのミセス日本グランプリでの出来事!

マナー講師の想い

2015年10月28日 / 2018年8月19日更新

【ミセス日本グランプリでの出来事!・・・ミセス日本グランプリファイナリストマナー講師美ECOの美活・美育・【美ECO】ライフ№15】

先日、行われましたミセス日本グランプリの本選大会



短時間しかいられませんでしたが多くの方にお会いできまして、幸せ!
その中のお一人に E-MAKEのエミリー野田さんがいます。
エミリーさんとそのお仲間は、当日、本選の舞台に立つファイナリストのヘア―メイクを次々とされていきます。
ファイナリストのお好みに合わせて手早くへースタイルを完成させていきます。
このような裏方さんがいらっしゃるので、ファイナリストの皆さんは舞台で思い切り輝くことができると思います。
私も二年前にはお世話になりました。とても感謝しています。
先日、エミリーさんとお会い致しました時に
エミリーさん、私のヘアースタイルを見て、驚かれました。




「あらら・・・えらい髪短くきったのやね~」
「エミリーさん、ヘアドネーションに、髪を寄付したのです。」
「えっ!」って感じでしたが、
エミリーさんのFBのコメント欄にこう書かれていましたので、嬉しくなっちゃいました。

「髪をばっさりお切りになってさらに素敵になられたみえこさんに会えました事、八ッピー!」
私、単純だから素直に喜んでいます。

五年前から伸ばし始めました髪の毛が随分長く伸びました。重く感じるくらい長くなりました時に「ヘアドネーション」について、テレビのある番組で放送されていました。
その後、地元の新聞で記事を見つけ、岡山県内で4件の美容院がヘアドネーションの協力店であることを知りました。
このことを知らなければ、そろそろ髪を短くしたいと思いました私は近くの美容院で髪を切ってもらい、美容院の方はその髪を箒で掃いてゴミにされてしまうところでした。

マナーを伝える私のモットー「美活・美育・美eco」の美ecoはエコの推奨です。髪の毛が小児がんや無毛症の子供たちのウィッグに役立つことができるというのは、とても大きなエコ活動であるし大切なボランティアであると信じます。
病気になった友達が利用していましたウィッグ、人毛は値段がかなり高いとも聞いています。
ヘアドネーションが多くの方に知られ、多くの方にドナーとなった頂き、たくさんのウィッグができて、多くの病気に苦しむ子供さんの笑顔が増えることを願ってやみません。
どうぞ、ヘアドネェーションの輪が広がりますように・・・

☆ヘアドネーションとはNPO法人ジャーダックが
ドナーから贈られた31cm以上の髪を使ってOneWigとして再生させ、必要としている18歳未満の方へ無償で提供するというボランティア活動です。

ヘアドネーションに興味のございます方はこちらをごらんください。
NPO法人ジャーダック

この記事を書いたプロ

武冨美恵子

武冨美恵子(たけとみみえこ)

武冨美恵子プロのその他のコンテンツ

Share