マイベストプロ岡山
長田沙矢香

「居心地の良い空間」をつくり出す、インテリアコーディネートのプロ

長田沙矢香(ながたさやか) / インテリアコーディネーター

atelier hygge(アトリエヒュッゲ)

コラム

オンライン相談で「初めまして!」のながれ

2020年11月15日

テーマ:インテリアコーディネート

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: インテリアコーディネートキッチンリフォーム整理整頓コツ

気づけば11月も折り返し地点。毎年ながら、この時期になると「1年て早いなあ。。」とつぶやいてしまいます。
特に今年は特別な年でしたね。去年の今頃は、まさか、未知のウィルスが流行するなんて、思ってもみませんでしたね。


「新しい生活様式」が始まる、なんて言ってるけど、私は元の生活に早く戻れたら、と思います。たくさん外出して、美味しいものを食べたり、県外、海外に気にせずに出かけたい!!

ですが、思いの外、その中でも「これって出かけなくても出来るんだ!」「使ってみたらけっこう便利なんだ!」と思ったのが、オンラインツールです。

インテリア相談って、今までのベーシックな流れで言うと、
①インテリアコーディネーターに問い合わせし、まずは直接会って、ヒアリングしてもらう。
②現地に一緒に来てもらって、調査や採寸をしてもらう。
③プレゼンテーションも、直接会って説明してもらう。
というのが当たり前かな、という感じでした。

だけど、自粛生活で外に出れないし、極力人と接するのを避けなければならないとなると、「オンラインで相談する」というやり方になります。
インテリアコーディネーターとしては、「実際に会ってみないと信用して頂けないのでは?」「実物の色や質感は、一緒にカタログを見ながらでないと決められない。」「そもそも、パソコンスキルに自信がないし・・」
など、不安要素も多々ありました。

ですが、お客様は意外とこのスタイルの方が、案外気軽だと感じられることも多いようです。

確かに、画面越しに「初めまして!」は、けっこう緊張するのでは?と思っていました。でも、リアルで初めてお会いする時も緊張するし、オンラインでも打ち解けるまでの時間はそこまで変わらないことに気づきました。
あとは、わたしなりの工夫でカバー!ご相談の種類によって、準備するものを変えていますし、色々なツールも揃えました。

オンライン インテリア相談

アトリエヒュッゲのインテリア相談【オンライン】の場合は、こうです。

①ホームページのコンタクトフォームより、「オンライン相談」とだいたいの内容を入れて送信。
例えば:お部屋の家具の配置について相談したい。 など。
②当方より返信(2日以内)ご希望日時を伺い、設定します。
③料金のお支払い 1回(1時間前後) ¥5,000(税抜)です。
(銀行振り込みか、ペイパルでのクレジットカード支払いが可能です。)
④オンライン相談のURLをお送りします。
⑤当日、クリックしてスタート。
⑥ご相談内容で紹介したアイテムの簡単な資料や、URLなどをお送りします。
⑦最後に、ご感想をアンケートフォームにご記入を頂きます。

オンライン相談当日まで、③〜④の間に、ご相談内容によっては、前もってメールやLINEで、間取り図や現状写真をお送りいただくこともあります。
また、⑥のように、オンライン相談の内容はきちんと実になるように、資料をお送りします。ご希望によっては、オススメ壁紙の色サンプルを郵送する、などもしています。

そのあと、やっぱり気になるところがあるな、と思われたら、メールやLINEで2週間以内でしたら何度もご相談可能です。

ご相談くださった方には、
「意外と話しやすかった。」
「気になっていた事が、新しい視点で解決することができた。」などのご感想を頂いています。

話しやすかったは、最高の褒め言葉でした(^^)お茶など飲み物を準備して、リラックスしてお話頂ける方が、隠れていたご要望や解決の糸口が見つかりやすい気がします!

お客様は、20代から50代と、幅広い年代の方がご依頼くださっています。時間は、平日の夕方が多い気がします。
土日は他のお仕事が入っている事が多いですが、時間の融通はわりと効きます(^^)お子さんを寝かしつけた後、でも良いかもしれませんね。

気になる方はぜひ、お問い合わせください♪

\メールマガジン配信中/


「北欧に学ぶ“hygge(ヒュッゲ)”なインテリアの選び方。」

*毎週水曜日に配信中です*

ご登録はこちらから♪

この記事を書いたプロ

長田沙矢香

「居心地の良い空間」をつくり出す、インテリアコーディネートのプロ

長田沙矢香(atelier hygge(アトリエヒュッゲ))

Share

関連するコラム