まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
高木正男

税務会計・経営支援のプロ

高木正男(たかきまさお)

株式会社あさひ合同会計(あさひ合同会計グループ[あさひ合同税理士法人、ネットリンクス株式会社])

コラム

年金の扶養親族等申告書を提出しましたか?

税務

2018年11月7日

毎年8月ごろ、年金事務所から扶養親族等申告書が送られてきますが、提出していますか?
この書類を提出しないと、源泉所得税の金額が正しい金額よりも高くなり、その結果として年金の手取り(振り込まれる金額)が減ってしまいます。

 平成23年の確定申告から、「公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下の人でその他の所得金額が20万円以下の人は所得税の申告をしないことを選択できる」こととなりました。直近の申告が平成29年ですから、7年経過しています。この制度が平成23年に導入された際に、やれやれ面倒な申告をしなくてよくなった~自分のことはみんな行政はわかってくれてるから、一々申告しなくてもよくなったんだなと思っていませんか。大体の人が400万円以下なのだから、申告しない人は大勢いるようになったはずです。

 上記のくだりで、申告をしなくなったA翁のもとに、扶養親族等申告書が送られてきました。そこでA翁は、「税務署に確定申告も出さんのに、こんなものは出す必要ないやろ、去年の状態と変わってないし」と思って放置しました。その後提出してくれとのお願いは、特にありませんでした。すると、年金が次の年からいくらか減ってしまいました。

 なぜ、こんなことが起きるかというと、書類の名前は「扶養親族等申告書」ですが、実はこれにはご自身の基礎控除の適用まで含まれているからです。

 扶養親族等が変わっていなくても提出しないと、基礎控除の適用まで考慮されずに、源泉所得税を年金から天引きされることになります。

 したがって、結果的にわけがわからないうちに、高い源泉所得税(=その年の所得税)をとられっぱなしになっているということです。
 申告していた時代は、確定申告で是正されていましたが、申告がいらなくなったからこそ、出現したワナ(のようなもの)と言えます。

 とにかく!何も異動がなくとも、「扶養親族等申告書」を提出しましょう!そのうえで確定申告を省略しましょう!

この記事を書いたプロ

高木正男

高木正男(たかきまさお)

高木正男プロのその他のコンテンツ

Share

高木正男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-226-5566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高木正男

株式会社あさひ合同会計(あさひ合同会計グループ[あさひ合同税理士法人、ネットリンクス株式会社])

担当高木正男(たかきまさお)

地図・アクセス

高木正男のソーシャルメディア

facebook
Facebook

高木正男のソーシャルメディア

facebook
Facebook

高木正男プロのその他のコンテンツ