まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮地義孝

社員と会社をげんきにする人事労務管理のプロ

宮地義孝(みやじよしたか)

あい社会保険労務士法人

コラム

年に1回の労務監査

労務管理

2016年1月21日

 

スキーバス労基法違反強制捜査


乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故で、労働基準監督署は、バスを運行していた会社を労働基準法違反などの疑いで捜索しました。

★労働基準法違反
時間外及び休日労働に関する協定届(36協定)
労働者に法定の時間外労働や法定の休日に労働をさせる場合には、労使協定を結び、事前に所轄労働基準署長に届け出なければなりません。
このバス会社は「時間外労働及び休日労働に関する労使協定」を結んでいなかったということです。

★労働安全衛生法違反
今回の事故があったバスを運転していた運転手(65)は昨年12月に採用した際、労働安全衛生法で義務付けられた雇い入れ時の健康診断を実施していなかった。

★道路運送法違反
65歳以上のバス運転手に求められる適性診断を受けさせてなかった。
(自動車運送事業者は、事故惹起運転者、初任運転者、高齢運転者に対し、国土交通大臣が認定する適性診断を受けさせなければいけません。)

例えば以下の項目についてチェックしてみてください。
□ 所轄労働基準監督署に届け出ている(労働者10人以上)
□ 時間外及び休日労働に関する協定届(36協定)は、事業場ごとの所轄労働基準監督署に届け出ている
□ 時間外労働時間数の算出は適正である
□ 出勤簿が整備されている
□ 休日は、週1日もしくは4週間に4日以上確保している
□ 賃金台帳の記入事項(特に時間外・休日労働時間数、深夜労働時間数)は適正に記載している
□ 育児休業・介護休業制度の内容は最新の法令に対応している
□ 労働保険関係を成立させている
□ 週20時間以上勤務する者は、全員雇用保険の加入をしている
□ 通常の就労者の所定労働時間・所定労働日の概ね3/4以上の要件を満たす者全員を社会保険の加入をしている
□ 月額変更届(基礎日数、報酬月額、遡及支払額等)は適切に届出が行われている
□ 安全衛生管理体制を整備(安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者等の選任報告)している
□ 雇入れ時の健康診断は適正に行われている
□ 深夜業従事者には1年に2回健康診断が行われている
□ 労働者私傷病報告書を労働基準監督署長に提出している。

コンプライアンス違反とモラルに反する行為は経営上の重要な大きさリスクです。
ブラック企業と言われないために、少なくとも年に1回は労務監査を実施してください。
以上

この記事を書いたプロ

宮地義孝

宮地義孝(みやじよしたか)

宮地義孝プロのその他のコンテンツ

Share

宮地義孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0863-81-5634

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮地義孝

あい社会保険労務士法人

担当宮地義孝(みやじよしたか)

地図・アクセス

宮地義孝プロのその他のコンテンツ