まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村亜樹

ファイナンシャルプランの設計に基づく不動産のプロ

中村亜樹(なかむらあき)

花菱不動産株式会社

コラム

新築住宅の失敗例 設計①

新築 失敗

2016年1月4日

今回からは、設計のお話です。

「家は3回建てないと、思った通りのものが建たない」と言われます。最近では、平面図や立面図だけでなく、CADによる立体的なものや模型など、より実際の家に近いものを見ることは出来るようになりましたが、家が完成して生活を始めてから、「ここに窓を付けておけばよかった」とか、「この部屋はもう少し広くしておけば良かった」とか、「ここに収納を付けておけばよかった」と思うものです。建てた本人の家族構成が変われば、生活スタイルも変わっていくことを考えると時間が経つにつれ、「ここをこうしておけば」と思うのは当たり前だと考えた方がいいかもしれません。

後悔する原因としても間取りなどの設計に関する点は上位にランクされるので、もちろん綿密にプランニングするべきであると思います。メーカーなどには様々な事例集もあり、様々なことに対応してもらえそうなのですが、案外、メーカーの方が制約が多いこともあるので、間取りのプランニング等については、住宅会社によくよく尋ねて確認する必要があります。

ちなみに、世の中には「建築家」とか「アトリエ建築家」と呼ばれる、住宅などの設計で生計を立てているプロ達が居ます。この方たちは、お客様の生活スタイルや要望に合わせながら、その土地の形状や風向き、日照の入り方などを計算しつつ、間取りのみに限らず、使用する窓の性能や住宅設備の性能などを緻密に計算して、そこに住む人にとって、生活動線、温熱環境などにおいて、ベストの住宅設計をされる方たちです。もちろん、設計料は普通のメーカーや工務店の設計に比べると割高ですが、将来の生活スタイルが変わるときの間取りの可変性なども考えた設計を考えてくれるプロなので、一生に一回の家ならば、こういった方に「オンリーワン」の住宅設計を依頼するのも十分価値のあるところだと思います。

逆に、「うちは設計料は掛かりません」という会社は、あまり信用はおけません。そういって、たくさんプランを考えてくれる会社は、他のお客様にも同じようにたくさんのプランを出していることでしょう。でも、その会社にプランを考えてもらった全てのお客様がその会社で家を建てるわけありません。住宅展示場でもプランを描いたお客さんのうち7組から8組に1組くらいのお客様しか、その会社で家を建てません。でも当然ですが、その残りの6組から7組の無駄になった設計にも費用が掛かっています。その費用はだれが払うのか?そうです。その会社で家を建てた方が、他のお客様方の無駄になった設計料まで支払っているのです。設計料だけではありません。その無駄になったお客様方の営業マンが動いた経費、広告費など、たくさんの経費は、その会社で建てた方の住宅の費用に乗っかっているのです。「設計料」になっていないから、見えなくなっているだけで、営業マンがたくさんいる会社やプランがたくさん出てくる会社ほど、実は「設計料」などの「見積書に出てこない経費」がたくさん掛かっているのです。

この記事を書いたプロ

中村亜樹

中村亜樹(なかむらあき)

中村亜樹プロのその他のコンテンツ

Share

中村亜樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-441-8724

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村亜樹

花菱不動産株式会社

担当中村亜樹(なかむらあき)

地図・アクセス

中村亜樹プロのその他のコンテンツ