まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
港定明

プロの中のプロを目指す墓石のプロ

港定明(みなとさだあき)

有限会社 港石材店

港定明プロのご紹介

真心で石のお世話をいたします(2/3)

墓石づくりの技術に自信

職人とけんかしてもお客さま目線を重視

 ゼロからの出発となった港さんは石屋の修行中にはいろいろ失敗もしました。特に石の業界だけで通用する慣習の数々には困らされたと言います。例えば、この業界では石材の長さは寸尺法で測るのですが、1寸を約3センチ、1尺を約30センチとする昔ながらの単位になかなか慣れなかったそうです。
 「墓石用の石材を注文したら、届いた石が手のひらに乗るサイズ。驚いて確認すると、どうも電話口で寸と尺を間違えたらしい。注文書も作らないのが普通の業界で、本当に間違っていたのかどうかも分からず、制度改革しなくてはと強烈に意識しました」
 石の業界のことを学ぶに従い、職人の美学と、一般のお客さまの考える美しさとの間には開きがあると感じるようになったと、港さんは言います。「お客さまのもうちょっとここを何とか…という要望が、実は職人にとっては自明のありえない造りということは多いんです。でも、それで終わっていては職人側の常識(美学)を押し付けているだけですよね」
 職人の考える「正解」も大切だが、お客さまの「思い」も大切にしたいというのです。実際、港さんは石材業に就いて5年目くらいの時、職人さんとけんかをしたことも。「職人仕事に『ここをもうちょっと』と3回くらい文句を言ったら、『じゃあ、お前が気に入ったようにやれ』と怒られたことがあります。それでもたたき上げの石屋ではない私にとって、顧客寄りの感覚は無視できない大切な感覚。職人さんに分かってもらおうと四苦八苦しました」
 一般の人が日常的に利用する店ではなく、知識が豊富なお客さまも少ない。だからこそ店側が工夫して、一期一会に満足していただける提案をする、その努力が不可欠だと港さんは力強く話していました。

港定明プロのその他のコンテンツ

Share

港定明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0869-22-0433

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

港定明

有限会社 港石材店

担当港定明(みなとさだあき)

地図・アクセス

港定明プロのその他のコンテンツ