マイベストプロ大分
利光由美子

自然治癒力を高める体づくりと子宝カウンセリングのプロ

利光由美子(としみつゆみこ)

川中薬品

コラム

減塩より適塩

2019年9月10日 公開 / 2019年9月11日更新

テーマ:天日海塩

当店で扱っている『天日海塩(てんぴかいえん)』の素晴らしさを宣伝して
全国を回っている 笹谷達朗さんをお呼びしてお塩の講演会を開催しました。
1時間半があっという間、楽しく、そして驚きの連続、目からウロコの
すばらしい時間となりました。

お塩講演会

私がこのお塩に出会ったのが3年前。
子宝カウンセラーの会の研修で大阪に行った時のこと。
たまたま隣に座った方が北海道の薬局の先生で、お塩の大切さを熱く語る
素敵な先生でした。
私はちょうど良いお塩を探していたところだったので、すぐにそのお塩を購入。
取扱店となったわけです。

天日海塩

お塩は今でこそスーパーに行けばたくさんの種類が存在します。
天日海塩はオーストラリア産のお塩。
つい国産のものが最高と思いがちですが、オーストラリアの塩田のお塩は
公害のない海水を使用して、2年間完全天日干しで結晶化させています。
この2年間という年月をかけることで、塩の結晶化がゆっくり進み
体に染み込みやすいお塩になるのだそうです。
そのお塩を沖縄の超こだわりのお塩職人さんが輸入して微粒子になるまで
粉砕し、水に溶けやすく身体が喜ぶお塩『天日海塩』になるのです。

お塩の役割をご存知ですか?
お塩は筋肉を動かすのに必要です。
お塩は体を温めます。
お塩は神経伝達に不可欠です。
お塩は解毒に不可欠です。

お塩=血圧を上げるもの、という認識をもつ方が多いと思いますが
これは「食塩」といわれる工場で作られた99.9%塩化ナトリウムのお塩のこと。
丁寧に時間をかけて天日干しで作った天日海塩のようなお塩は
血圧を上げることはありません。
お塩より、砂糖と油が血液の質をドロドロにして血圧を上げます。

今回のご講演ではとくに腎臓と解毒とお塩の関係が興味深かったです。
腎臓は毎日18リットルもの血液や体液をろ過し、老廃物や毒素を排出しています。
そのうち塩分は25kgも出し入れしているそうです。
塩分不足になると腎臓からしっかり排尿できずに体にむくみが生じる。
腎臓のために塩分控えめにするというのは、そもそも間違えだと教えてくださいました。
東洋医学でも腎を支えるのは鹹(=しょっぱい味)と言われており、
生命の維持にもっとも重要な腎機能を維持するためには、良いお塩を摂ることが
やっぱり大事なのだなぁと納得したのでした。

不妊や生理痛の原因にもお塩不足が関わっているそうです。
子宮の上には腸があり、腸に余分な水分がたまっていると
その重みで子宮は圧迫され痛みがおこり生理痛がおきやすくなる。
腸の水分で子宮が冷やされ、不妊の原因になる。
水分のとりすぎに注意すること
そして、余分な水分をしっかり排尿するためにお塩を摂ることが大切。
たくさんの情報をいただけた講演会でした。

講演会終了後も質問が終わらず、もう少し聞きたかったという声が。
お塩の未知に触れた、すばらしい時間となりました。

天日海塩は750g入りで税込1080円。
(10月以降も軽減税率8%となります。)
お店でお味見もできます!
健康のために良いお塩に変えてみませんか?

この記事を書いたプロ

利光由美子

自然治癒力を高める体づくりと子宝カウンセリングのプロ

利光由美子(川中薬品)

Share

コラムのテーマ一覧

利光由美子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0978-62-2108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

利光由美子

川中薬品

担当利光由美子(としみつゆみこ)

地図・アクセス

利光由美子プロのコンテンツ