まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
園田経人

未来をコントロールできる術を教える「セミナー」のプロ

園田経人(そのだつねと)

株式会社 SFPコンサルティング

コラム

今、がん患者が増えているのは、医療の進歩で「見つかる時代」になっただけ。ガンの基礎知識①

先日、同級生のおば様から、「娘が抗がん剤治療を始める」と相談を受けました。

これも機会だと思いますので、毎週金曜日に5回シリーズで「がんの基礎知識」について書きたいと思います。

前職の保険外交員時代は研修でがんセンターに行ったり、専門医の方の講演を聞きに行ったりしていました。指宿や鳥栖の放射線治療施設への見学等もさせていただきました。
まさか、の時に少しでもお客様のために力になれるよう、一生懸命学びました。
やはり日本人の死因の第1位は「がん」ですから。
親身に、医者ではなく客観的な立場で、比較検討できるだけの知識と、どんな先生がどこにいる、という情報と、そこにつなげるネットワークを少しでも広げようとしていました。

TVでは毎日のように、芸能人のガンの告白や闘病、その治療法について様々な話題が出てます。
民間療法がどうのとか、福島原発がどうのとか、いろいろ言われているみたいですが、これらは私個人の実体験でもなく、根拠に責任が持てない伝聞や推測では物は申せませんし、あまりにも無責任になりますので、今回は「ガンの基礎知識」ということに主眼を置いて書かせていただきます。

そもそも「ガン」とは何なのでしょうか。

以下、私の学習と考察から行き着いたことなのですが、
ガンというものは、
①「ガン細胞」というように「ガン」も細胞です。
②ということは毎日の新陳代謝で細胞が生まれ変わるときに「ガン細胞」も生まれています。
③「誰しも1日約5000個のがん細胞が生まれている」と言われています。
④例えればコピーするときに5000枚に1枚ミスコピーが生じてしまうようなもんです。
⑤そのミスコピーを1枚ずつ確認して取り除きます。それが免疫細胞の仕事です。
⑥若いうちはこの免疫細胞も若いので、見逃すことなく取り除きます。
⑦年を重ねるとこの免疫細胞も機能が衰えます。だから高齢になるほどガン患者が増えます。
⑧逆に若いうちに見逃してしまうと新陳代謝も早いので「ガン」の進行も早いのです。

まとめると
「誰にでもガンはあり、免疫が弱まると見逃され成長する」ということ。

なので、「ガンになる」と言うよりも「ガンが見つかる」が正しいです。

そして近年の医療技術の進歩で見つかる確率は飛躍的にアップしています。
よく保険のパンフ等で、『3人に2人がガンになる時代』とありますが、当たり前です。
確かに食生活の変化等で罹るガンの種類は変わってきているかもしれません(昔とよく使い臓器が変わっているのかも)が、現代の人間がガンになりやすくなったのではなく、見つかりやすくなっただけです。
加えて長寿になり、ガンになる前に亡くなっていた人が長生きしてガンになっているだけです。(これはアルツハイマーや痴呆にも当てはまります)

当然、見つかる進歩があれば治療技術も進歩しています。

ガンの生存率は飛躍的の伸びています。
早期発見であれば約95%以上の完治率です。
遺伝的なガンがあるのも確かです。
ガン血統、あるかもしれません。
でもそれで自分は違うと安心するのではなく、「誰の体内でもガンはできていて、例え免疫が見逃しても早期発見を心がければ、治る、もう怖くない病気」と考えてほしいのです、まさか、自分が、の時のために。

今日の結論 『ガンはもう怖くない』


「ガンの基礎知識」、毎週金曜日に続けていきたいと思います。
次回以降は、
②変わるガン治療法
③保険によるガンへの備え方
④それでもなりたくないガン予防
⑤もしガンになったら
です。

こうご期待。

この記事を書いたプロ

園田経人

園田経人(そのだつねと)

園田経人プロのその他のコンテンツ

Share

園田経人のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-02-05
facebook
Facebook

園田経人プロのその他のコンテンツ