まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神護

キックボクシングを通して夢と健康を与えるプロ

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

コラム

主導権について

2018年3月7日

試合に向けた【スパーリング】が各店舗で始まっています。

スパーリングは「自分のペース」で行えると楽です。

これは“主導権を握る”とよく言われます。

主導権と言うと・・・

「ジャブをリズムよく当てている」

「ダメージある攻撃を当てている」

「ダウンを奪う」

など攻撃が上手く機能している時に良く言われます。

しかし、私の場合は元々スロースターターでしたので主導権は攻撃で握らずに【距離】と【防御】で獲りに行っていました。

相手の攻撃をあえて受けて見て「大丈夫・・・見える」と思えることが私の主導権でした。

精神を安定させることに重点を置くのが私の主導権の獲り方です。

そこからローキックと得意のカウンターで有効打を重ねていくことが私の勝ちパターンの一つでした。

相手のスタイルに合わせて無理に打ちに行ったり、必要以上に防御にまわる状態になるのは主導権を握られている状態ですのでとても疲れます。

主導権を握られるとリズムよく呼吸できないからです。

緊張状態が続くと呼吸も浅くなります。

どこから飛んでくるかわからない攻撃に備えて踏ん張れるように呼吸を止めているからです。

この状態が長ければ長いほど勝つ可能性は少なくなります。

「自分のペース」「主導権を握る」というのは【上手く呼吸しながら戦える状態】ということです。

得意なスタイル、得意な攻撃、得意な距離で戦うことに磨きをかけていくと主導権を握りやすくなります。

相性が悪い相手にもこれを徹底して貫くことができる選手は精神も技術も優れている選手です。

最初は中々難しいことですが、自分の「得意なこと」を考えてスパーリングに臨むことが第一歩だと思います。

主催大会まであと10日ほどです。

選手の皆さんが試合まで悔いのないスパーリングができることを祈っています。

この記事を書いたプロ

神護

神護(しんご)

神護プロのその他のコンテンツ

Share

神護プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

担当神護(しんご)

地図・アクセス

神護のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-07
youtube
youtube
2015-07-16
facebook
facebook