まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神護

キックボクシングを通して夢と健康を与えるプロ

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

コラム

キックボクシングを大分のスポーツ文化にする

2017年12月22日 / 2017年12月23日更新

私はプロキックボクサーとしては引退しましたが、「強くなる」という目標は一度も捨てたことはありません。

今も引退した時より強くなっていると自信を持って言えます。

何歳になっても挑戦し成長しようとすることが大切だと思っています。

しかし、プロのリングに復帰する気はありません。

気軽に参加できるような世界ではないからです。

小さいグローブ、生スネ、ルールによっては肘打ちのある過酷な競技。

ただでさえ過酷ですが、更に命を削り合う覚悟でリングに上がるのがプロです。

私は命を削って戦い、勝っても負けてもリング上で得られるものが自分の命より重いと思えなくなりました。

自分にとってはどんなベルトも命を懸けて取りに行く価値はない。

私にとって最も価値があったのは【命を懸けて戦う精神】です。

私はこれ以上のものをリングで得ることはできないと思い、引退を決意しました。

ファイトマネー、名声、ベルトを目標に戦うことも一つの道ですが、私は違いました。

リング上で得たものを人生に活かし、その後の人生を最高に輝かせることこそ私の進むべき道だと思いました。

けれど・・・もしキックボクシングが何歳になっても気軽に参加できるような競技だったらどうか?

答えは【いつまでも試合にでたい】です。

キックボクシングで精神も体も技術もずっと高めていきたいと思っています。

サッカーのカズ、野球のイチローのように何歳になっても自分の大好きな競技で輝く選手は憧れです。

私にとっては一流の舞台でなくても、草野球や社会人リーグのような形態があるだけで羨ましいと思っていました。

人生を変えてくれたキックボクシング・・・私にとっては離れられない存在です。

できれば一生試合に出続けたい・・・。

リスクを最小限に抑え、サッカーや野球のように何歳になっても真剣に取り組めるようにならないか・・・?

社会人が日曜日にサッカーや野球の試合に出場して楽しむように、キックボクシングも気軽に試合に出場できるようにならないか・・・?

この問題のネックは「顔面攻撃」と「年齢」でした。

ならば、顔面攻撃なしで年齢別に分けて試合ができないか・・・。

今のPRINCE KCにはそれが大会として成り立つ需要があるのではないか・・・。

格闘技であるキックボクシングを、大分のスポーツ文化の仲間に入れることはできないか・・・。

今ならできるはず。

そう思い、来年から新イベントを立ち上げます。

【キックボクシングを大分のスポーツ文化にする】

PRINCE KC会員さんの人生をキックボクシングで好転させることこそ、私たちPRINCE KCトレーナーの使命です。

皆さん、全く新しいキックボクシングイベントに期待していてください。

この記事を書いたプロ

神護

神護(しんご)

神護プロのその他のコンテンツ

Share

神護プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

担当神護(しんご)

地図・アクセス

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-09-22
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-09-22
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook