まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神護

キックボクシングを通して夢と健康を与えるプロ

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

コラム

PRINCE KCのトレーナー像

2017年12月12日

最近読んだ本に書いてありました。

「目の前にある困難を誰かのせいにしたり、環境のせいにしたりしないということ。現状に問題があるならば、まず真っ先に自らの対応に問題なかったかを真摯に省みる。そして、解決策に知恵を絞り、率先して行動をする。これができない人が、「誰か」を指導しようとすると、とんでもない間違いを犯してしまうので十分に注意する必要があります」

キックの判定でアウェイの洗礼を受けるということもあります。

しかし、私の考えは「アウェイで戦わなければならない状況を選んだ自分が悪い」です。

判定は覆りません。

この先もアウェイから挑戦するのか、ホームで戦える環境へ行くのか、しっかり考えてアウェイに残るなら勝つ為に必要なことを必死に考える必要があるでしょう。

駐車場に車を停めていて当て逃げされることもあります。

この場合も「周囲に車のない場所に停める」、「スペースの広い場所に停める」ということを怠った自分が悪いと考えます。

もちろんやられた瞬間は凹みますが・・・。

やられるにはやられる原因が必ずあります。

激安セールをしている店の駐車場と高級料理店の駐車場、どちらが事故に合いやすいか・・・なんとなく想像がつくと思います。

全ての結果は自分の選択の積み重ねから生まれています。

その選択を後悔してもどうしようもない。

選んできた自分の責任と受け止めて、改善する努力をするしかありません。

普段から環境、人、運のせいにする人間ほど修羅場へ追い詰められたら真っ先に逃げ出します。

修羅場をくぐり抜けてきた人間はどんな窮地も困難も自分自身のこととして受け止め、背水の陣で臨むことで覚悟や根性を磨き、どんなことにも立ち向かう精神を養っています。

そんな人間だからこそ、信頼でき、ついていこうと思えるのだと思います。

ピンチになった瞬間に部下の采配のせいにし、我先に逃げ出す大将のために戦おうと誰も思いません。

ピンチは自分の責任だからこそ、大将自ら先陣をきって戦う意志をみせなければなりません。

目の前に困難や苦痛を自分以外のせいにせず、自分のことと受け止めて立ち向かい、乗り越える精神こそ、リーダーに最も大切な精神だと思います。

PRINCE KCの目指すトレーナー像です。

この記事を書いたプロ

神護

神護(しんご)

神護プロのその他のコンテンツ

Share

神護プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

担当神護(しんご)

地図・アクセス

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-10-17
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-10-17
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook