まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神護

キックボクシングを通して夢と健康を与えるプロ

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

コラム

自分革命の起こった日

2017年11月14日

11月14日は私がプロデビューした日です。

6月1日にキックンボクシングを始めて5ヵ月14日後には東京でプロデビュー。

ボコボコに打ちのめされて2RTKO負け。

足を引きずりながら駅の階段を上るのも手すりにしがみついてのぼりました・・・。

飛行機でもまともに座ることができず、最後尾の座席に寝かせてもらいました・・・。

今となっては良い思い出です。

負けは「人生の財産」です。

正しく言うと「財産になります」。

負けを受けとめて前に進むこと。

負けを受け入れられず後退すれば一生その負けが「人生の負」としてついてまわります。





私はこの映像の前の1Rにローを効かされダウンし、インターバルで【人生最後のラウンド】と決めて戦いました。

そして完膚なきまでにやられて人生で初めて大きな挫折を味わいました。(それまで大きな挑戦や本気の勝負をしたことがありませんでした)

大分に帰り、会長にはキックを辞めることを伝えようと思っていました。

そこで会長に「おう。辞めるか?」と言われ、咄嗟に「辞めません」と答えた自分自身に【なんでやねん!!】と突っ込んだのを覚えています。

今、思い返してもあの時、本当に辞めなくて良かった。

あのまま逃げていたら自分の人生はあのリング上のようにボロボロだったと思います。

負けを受け入れ、前に進んだことでこの惨敗が【強力なバネ】になってくれました。

【あんな惨めな姿をさらして、あれを最後に逃げたと言われて生きていくなんて絶対に嫌だ】

練習をしたくないとはあのデビュー戦以来、思わなくなりました。

なんの練習をしていても相手の顔が頭に浮かんできました。

恐怖を振り払うように我武者羅に練習しました。

そして今があります。

11月14日は自分革命のキッカケになった大切な日です。

本当に感謝しています。

【どんなに辛いことがあっても自分のこととして受け入れ、前に進むこと】

私の心に残った財産です。

この記事を書いたプロ

神護

神護(しんご)

神護プロのその他のコンテンツ

Share

神護プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

担当神護(しんご)

地図・アクセス

神護のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-07
youtube
youtube
2015-07-16
facebook
facebook