まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神護

キックボクシングを通して夢と健康を与えるプロ

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

コラム

自身の変化に敏感であること

2017年10月12日

今年は「大勝負の年」だと意気込んで臨み、府内大分駅前店の移転を完了させることだけに注力すると言っていましたが、夏には大きな流れがきてPRINCE KCにとっては「大躍進の年」にもなりました。

そしてまだまだ今年は3ヵ月残っています。

2転、3転するような計画を同時に進行中です。

1年前はこの辺りで蕁麻疹がでたりするような精神状態だったと思います。

しかし、今年は去年の自分より成長しているという実感があります。

「慣れた」というのもあるかもしれません。

良い意味でどっしり構えられるようになってきたかな?と思います。

私はこんな時、自分のことを積極的に褒めます。

「お前最高だ。よくやったぞ!」と。

良くなったことは自分で褒めまくり、疎かにしたことはクソの如く自分を責めます。

私はこういう性格ですから「自分が成長しているかわからない」ということがありません。

ちょっとした自分自身の心境の変化や体調の変化、身体的な変化からキックボクシングの技術的成長まで些細なことも感じます。

周りの空気の変化、流れの変化も最近はすごく当たるようになりました。

当たるだけなら誰でもできると思います。

変化を察知したらその変化にあった対応をすることを心がけています。

成長できたら次の目標、試練を与えなければならない。

衰えたならその原因を探り、根本から見直さなければならない。

空気にしろ、流れにしろ、抵抗してはならない。

すべてはちょっとした気の使い方で感じることができるようになります。

以前、「ゴミ拾い」のコラムを書きましたが、綺麗な散歩道に不自然に落ちたタバコの吸い殻に【気がつき】→【嫌な気分になり】→【拾う】という過程と同じです。

【気がつく】ということは常に周りや自分の変化に敏感であるということ。

【嫌な気分になる】ということは感性が豊かであるということ。

【拾う】ということは状況や状態、環境を変える実行力があるということ。

日常のちょっとした心がけ、気づかいで養えると思います。

「大は小なり、小は大なり」

大きいことも原理原則は小さいものと一緒。

小さいものも原理原則は大きいものと一緒。

まずは自分のことをしっかり感じる心使いが大切ではないかと思っています。

あらかじめ言っておきますが私は自他共に認めるナルシストです。

しかし、自分自身を辞めることは死ぬ以外できませんから。

好きに越したことはないですよね(笑)

この記事を書いたプロ

神護

神護(しんご)

神護プロのその他のコンテンツ

Share

神護プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

担当神護(しんご)

地図・アクセス

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-09-22
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook

神護のソーシャルメディア

rss
PRINCE KICKBOXING CLUB HP
2018-09-22
youtube
YouTube
2015-07-16
facebook
Facebook