まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
野﨑久美

女性に「お金の育て方」を教えてくれるプロ

野﨑久美(のざきくみ)

ファイナンシャル・コミュニティ・オフィス 『Blue Rose』

野﨑久美プロのご紹介

女性が活き活きと、豊かに人生を送られるよう手助けしたい(2/3)

野﨑久美 のざきくみ

苦難を駆け抜けた後ににじみ出る、自然体の笑顔。

 笑顔が魅力の野﨑さんですが、その道のりは平坦ではありませんでした。第二次ベビーブームに生まれ、10代から競争社会の中で育ち、関西の短大卒業後は、バブル崩壊後の就職難も重なり、地元大分でホテルのフロント、オーストラリアの免税店、JR九州など接客業を経験。その後24歳で結婚、出産し、専業主婦となりましたが、すぐに働きたいと思うように。「母が看護師で、職業夫人を目指すよう言われて育った影響です。子供が生後10カ月の時に仕事復帰し、司会業やメディア関係の仕事をしましたが、とても楽しく充実していましたね。」

 それから後、シングルマザーとなり、29歳の夏、様々な仕事を経験した20代を振り返り、30代は一つのことに集中したいとの思いが、野﨑さんに湧き起こりました。スーツを着て働くことに憧れもあり、転職先に選んだのが野村證券でした。毎日が本当に必死でしたが、異業種の営業マンが集まる勉強会に参加したり、外の世界とのつながりも増やしたことで、次第に仕事の結果もついてくるように。「働くにあたり、シングルマザーを言い訳にしたくなかったので、パワフルに頑張れましたね。」

 無我夢中に走り続けて気付けば39歳。さらなるステップアップを見据えた時、退職を決意します。そして独立して始めたのが投資教育とコンサルティング事業。しかし、大企業の看板を外して、個人で営業する大変さを痛感したことから、当時まだマイナーだったFacebookのパーソナルブランディング術を学びました。そこで自分の人となりを知ってもらうべく投稿を続け、目標としていた「友達5000人」を達成。その結果、九州における、SNSの影響力とリアルの営業をかけ合わせた女性の第一人者となりました。

野﨑久美プロのその他のコンテンツ

Share

野﨑久美プロのその他のコンテンツ