まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三浦淳一

お客様の要望に徹底的に応えるリフォームのプロ

三浦淳一(みうらじゅんいち)

三浦住宅設計

コラム

雨が多くなる季節の前に雨樋の点検をお勧めします。

先日、雨漏りするので一度見てもらいたいのですがという連絡がありました。
調査日時を確認して、後日伺いました。

ユニットバスの、点検口から天井裏を確認したところ雨漏りの形跡が確認できました。

ユニットバス部分は過去増築されていて、増築部分の屋根が母屋の壁に取付くように施工されてました。
母屋からの雨水と増築屋根の雨水を箱樋を設けて流すようにしていました。

今回の雨漏りで推測されるのは、
箱樋の母屋の壁との立ち上がり部分からのオーバーフロー
箱樋の経年変化
箱樋の勾配、板金の立ち上がり部分の高さの不足
以上が考えられます。

後日、当事務所の協力業者の板金業者さんと再度現地調査をした結果、なんと去年10月の阿蘇山噴火による火山灰がびっしりと詰まっていました。
それによりオーバーフローした雨水が立ち上がり部分からユニットバスの天井へと漏水してたということが判明しました。
箱樋そのものの経年変化は見受けられませんでした。

火山灰を撤去して通水検査をして雨漏りがない事を確認。
少し気になる所は、板金の立ち上がりの高さが不足している箇所が見受けられました。
とりあえずは、この状態で少し様子を見てもらい、雨漏りした時にはご連絡していただくよう説明しました。


これから先雨が多い日が多くなる季節となります。今回のように火山灰や落ち葉などが詰まって漏水する可能性も考えられます。
今のうちに雨樋の清掃と点検をお勧めします。

この記事を書いたプロ

三浦淳一

三浦淳一(みうらじゅんいち)

三浦淳一プロのその他のコンテンツ

Share

三浦淳一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-527-2968

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三浦淳一

三浦住宅設計

担当三浦淳一(みうらじゅんいち)

地図・アクセス