まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三代晃久

いつまでも元気に生活するための心と体を応援するプロ

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

コラム

GW中は多くのご家族が見学に来られました

介護のススメ

2018年5月18日 / 2018年5月22日更新

GW中は多くのご家族が見学に来られました


GWも終わり


6月は祝日も無く


しばらく連休がありません。



うちのデイサービスは基本祝日はお休みで



カレンダー通りお休みを頂きました。



今回は家族サービスと業界視察に大阪へ



行って来ました。







大阪は私と同じ柔道整復師が整骨院と併設して



デイサービスなどをやっている所が多く



非常に勉強になりました。







そんな中、GW期間の営業日に



県外から帰省された



利用者さんのお子さん方が



お父様お母様のデイサービスでの



ご利用中の様子を見学したいと



多くの方が来所されました。





何時もは県外で電話などでしか



情報の無い中、実際のリハビリ風景は



是非とも見たいところであります。



中には、お子さんが理学療法士の方や



デイサービスの施設長さんだったりと



業界の方もいらっしゃたりします。



一番は遠く離れて暮らす親が



「どんなデイサービスに通ってんのかな?」




「どんなリハビリをしてるのかな?」




「このデイサービスに任せて大丈夫かな?」




と日頃の疑問を確認しに来られるわけですが






後日、利用者さんから




「息子が帰る時にあそこのデイサービスやったら



大丈夫やけんしっかりリハビリしてもらいよ



っち言われた」



「娘にぷらすに通って足腰が弱らんように休まず



通いよ。私が行きたいくらいやっち言われた」



など嬉しい言葉を聞くと



本当に励みになります。



遠くで暮らし何かあっても直ぐに駆けつけられない



お子さんたちは結構多く、年老いた親を



何時も気にしながら日常生活を送って



「仕事辞めて大分に帰ってこんといけんのかな」




「そろそろ引き取らんといけんかな」




「施設でも入れんといけんかな」




と、様々な葛藤があると思います。






でもここで考えて頂きたいのは



当事者である親がどうしたいかという事です。




「一緒に暮らしたいか」



「施設に入りたいか」



色々と選択肢はあると思いますが



ほとんどの方が




「一日でも長く住み慣れた自宅で暮らしたい」




という考えが多いという事です。



そんな中、子どもに




「介護離職を望んでいるでしょうか?」



「同居を望んでいるでしょうか?」



「施設に入りたいと思っているでしょうか?」



先ずは


一方的な支援にならない様に



よく話し合って下さい。


そして疑問に思ったり、どうすれば良いか解らない時は


是非、私たちにご相談ください。



私たちは一日でも長くご自宅で暮らせるように




カラダを元気にする事が仕事です。



ケアマネージャさん



訪問介護(ヘルパー)さん



福祉用具さん



訪問看護さん



訪問リハビリさん



在宅医療ドクターさん



デイサービス、デイケアさん




様々な業種で連携して



あなたの大切な家族をバックアップ



して行くプロ集団です。



だから


先ずは我々プロにご相談ください。



そしてどんどん見学に来てください。



介護保険制度とは



家族の介護負担を少しでも解消する事が



目的の部分もあります。



「介護は育ててくれた恩返し」



と考え何もかも犠牲にして



どっぷりと介護をしないで下さい。



上手に介護サービスを活用し



遠く離れて心配かもしれませんが



私たちプロに任せて下さい。



そして共に一日でも長く住み慣れた自宅で



親御さんが暮らせるように



一緒に考えて行きましょう!!



遠く離れていても



出来る事は色々あります。



ひとりで悩まず先ずはご相談ください。





リハビリデイサービスぷらすでは

様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

三代晃久

三代晃久(みしろあきひさ)

三代晃久プロのその他のコンテンツ

Share

三代晃久のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook