まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三代晃久

いつまでも元気に生活するための心と体を応援するプロ

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

コラム

介護業界は人手不足ですが大分は特に基準が厳しいのです

介護業界のお話

2018年3月17日

介護業界は人手不足ですが大分は特に基準が厳しいのです



今回、リハビリデイサービスぷらす南大分では


3名の新しいスタッフが加わる事になりました。


幸いにも皆様のおかげで


沢山の応募がありました。


求人サイト覗くと


介護業界の求人は山ほどあります。


そんな中、当社の求人広告に目をとめて頂き


応募して頂いた事に大変感謝致します。


今回の求人で面接をさせて頂いて感じたのは


若い方が、異業種から「介護の世界で働きたい!!」


と応募され方が数名いらっしゃいました。


介護業界は慢性的な人材不足と言われていますが


「給料が安い」


「汚い」


「仕事がキツイ」の他


「介護職員が○○した」等の悲しい


報道が多くあり、業界イメージが益々低下する中


「誰かの役に立ちたい」


「手足が動かなくなった祖父母の為にが技術を学びたい」


など、応募の動機が様々であっても


「この業界に入りたい」と言っていただけるのは


本当にうれしい事です。







そんな中、


募集しても、募集しても


中々、応募が無い資格者があります。


それは「生活相談員」という職種です。


デイサービスを営業するには


以下の有資格者が必要になります。



●看護職員
(定員10名以上のデイサービスの場合)

生看護師

准看護師

●機能訓練指導員

柔道整復師

理学療法士

作業療法士

看護師(生看護師・准看護師)

言語聴覚士

あん摩マッサージ指圧師


※4月の法改正で


はり師、きゅう師が条件付きで

機能訓練指導員として

認められる事になりました。


●介護職員

介護職員は特に資格は要りません。


●生活相談員

社会福祉士

精神保健福祉士

社会福祉主事任用資格

上記と同等以上の能力を有すると認められる者





最後の生活相談員は募集しても


本当に応募がありません。


それは、先ず、社会福祉士、精神保健福祉士ですが


ソーシャルワーカー(相談援助職)と言われ


相談援助が専門ですが


一般的に就職先は


・老人ホームや児童福祉施設

・知的障害者施設などの社会福祉施設

・地方自治体の福祉事務所

・病院、保健所などの医療機関


などで、私の周りの介護の業界で


働かれている社会福祉士、精神保健福祉士は


地域包括支援センターか


居宅介護事業所に所属し


ケアマネージャーとして


業務を行っている方が


ほとんどです。







次に社会福祉主事任用資格ですが


この資格は非常に解り難い資格で、


短大や4年制大学を卒業し


単位を取った中で、該当する科目が


3単位あればこの資格に該当します。


例えば、栄養士や保育士などの


短大を卒業された方などは


この資格に該当します。


又は、法学部を卒業された方も該当します。



この資格、本人にはあまり


社会福祉主事任用資格を


持っているという自覚がない方が


ほとんどで、卒業証明などを



卒業された大学から取り寄せて


初めて取得科目が該当して


私は社会福祉主事任用資格者なんだと


認識する方がほとんどです。



そんな資格を持っている方を


募集するのは、はっきり言って難しい。


だから私もこの資格を取るために


大学の通信制に通っているのです。


何とか課題もすべて合格し


後は社会福祉主事任用資格の


証明書が届くのを待つだけですが・・・






しかし、問題はここからです。


生活相談員の資格要件の中に


「上記と同等以上の能力を有すると認められる者」


というものがあります。



社会福祉士

精神保健福祉士

社会福祉主事任用資格


と同等以上の能力を有すると認められる者



ココが大分県、大分市の基準が


他県に比べて


厳しいというか狭いんです。


大分県、大分市の場合


同等以上の能力を有すると認められる者


以下になります。


○介護支援専門員
(専門員証が有効期限内の者)


○社会福祉施設長資格認定講習会修了者


この二つが該当しますが

社会福祉施設長資格認定講習会修了者は

大分市の場合、社会福祉施設長資格認定講習会は

社会福祉法人でないと受講出来ないと決められているようです。


そうなると私どものような営利法人はこの講習に

そもそも受講する事も出来ない。


それでは、「介護支援専門員」


いわゆるケアマネージャーさんを募集すれば


生活相談員の枠を埋めることが出来るのでは


との行政の考えですが


基本、ケアマネジャーさんは


ケアマネージャーをやりたくて


介護支援専門員を取得するので


デイサービスの生活相談員に


なりたい方はそうはいません。


また現在、ケアマネージャさんの働く


居宅事務所や地域包括支援センターで


介護支援専門員を募集しても


なかなか応募者がいないのも


現状です。


そんな時代の中で


デイサービスに応募される


介護支援専門員はほぼ居ません。


それでは他県の


「同等以上の能力を有すると認められる者」


を見てみましょう


東京都の場合

介護支援専門員

特別養護老人ホームにおいて、

介護の提供に係る計画の作成に関し、

1年以上(勤務日180日以上)の

実務経験を有する者


老人福祉施設の施設長経験者


通所介護事業所、通所リハビリテーション事業所、

短期入所生活介護事業所、短期入所療養介護事業所、

特定施設入居者生活介護(外部サービスを除く)

の特定施設、認知症対応型通所介護事業所、

認知症対応型共同生活介護事業所、

地域密着型特定施設入居者生活介護の地域密着型特定施設、

地域密着型介護老人福祉施設、介護老人福祉施設、

介護老人保健施設及び介護療養型医療施設において、

当該事業所又は施設における介護に関する実務経験が

通算で1年以上(勤務日180日以上)あり、介護福祉士の資格を有する者



神奈川県の場合

介護福祉士

介護支援専門員

介護保険施設又は通所系サービス事業所において、

常勤で2年以上(勤務日数360日以上)介護等の

業務に従事した者(直接処遇職員に限る)



千葉県の場合

介護支援相談員

介護福祉士



埼玉県の場合

介護支援相談員

介護福祉士



茨城県の場合

介護支援相談員

介護福祉士



福岡県の場合

介護福祉士

介護支援専門員

社会福祉施設等で3年以上勤務し又は勤務したことのある者



熊本県の場合

介護福祉士

介護支援専門員

通算4年以上、常勤で、通所介護事業所等に

従事した者 (勤務証明書必要)

○社会福祉法第2条第2項に定める第一種社会福祉

事業を行う施設(社会福祉施設)のうち、同条同 項第3号

に定める施設(老人福祉法に規定する養 護老人ホーム、

特別養護老人ホーム又は軽費老人 ホーム)において

常勤職員として、4年以上看護 介護業務に

従事した経験のある者

○通所介護事業所(老人デイサービス

)において常勤職員として、4年以上

看護、介護業務に従事した 経験のある者

とされています。


この様に都道府県により


生活相談員の


「同等以上の能力を有すると認められる者」


の内容が異なります。


ただ、多くの県が認めているのが


「介護福祉士」という国家資格の方です。


なぜ、大分は認められていないか


解りませんが、多くの県が


生活相談員を募集するうえで


介護現場で多く働いている


介護福祉士さんを


生活相談員として認めている事は


募集する側からすると


うらやましい限りです。


基本この様な取り決めは


厚生労働省が決めて


県や市に通達して


詳細を決めるのですが


特に大分県や大分市の決めている


ローカルルールは


他県と比べて厳しいのが現状です。


行政にもこの事を


言ったのですが、


私が言ったところで


そう簡単に変わらないのが現状です。


大分のルールが変わらなければ


この問題は中々改善しないでしょう。


それでなくても人材不足といわれる


介護業界がいい方向へ向かって行けば


良いのですが・・・


様々な問題山済みですが


新しいメンバーも加わり


パワーアップしたリハビリデイサービスにぷらすに


是非、ご期待ください!!







リハビリデイサービスぷらすでは様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

三代晃久

三代晃久(みしろあきひさ)

三代晃久プロのその他のコンテンツ

Share

三代晃久のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook