まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三代晃久

いつまでも元気に生活するための心と体を応援するプロ

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

コラム

寒い時期に多い!!手が挙がらなくなる症状

リハビリ

2018年2月9日

寒い時期に多い!!手が挙がらなくなる症状





皆さんは四十肩、五十肩と言う



手が挙がらなくなったり(挙上制限)



肩がうずいて眠れなくなったり(夜間痛)



肩関節を動かすと痛が走ったりする



病気をご存知でしょうか?






四十歳台や五十歳台に多く発症する



肩の病気です。



正式な病名は肩関節周囲炎と呼ばれます。




この時期に寒さによって誘発され発症し




肩の痛みや肩関節の運動制限を



伴います。



中高年、高齢者は意外と多く




肩の動きの制限で




長袖など服を着る際や




入浴時に背中が擦れないなど




日常生活でも不自由を感じる事が多いのが




この病気の特徴です。




また、肩が痛いと動かさない




動かさないと関節の拘縮が起こり




益々動きが悪くなり悪循環に陥りやすい




「負のスパイラル」でもあります。




TOKIOのリーダー城島さんもこの病気で




鉄腕ダッシュの番組でもちょくちょく




自分が四十肩だと告白しています。



又、頸椎のヘルニアで神経症状が出た方は



この肩関節周囲炎を合併する事が



よくあります。




そんな中には腱板と言われる場所が断裂する




肩腱板断裂や、肩関節の肩峰下滑液包に炎症が起きる




肩峰下滑液包炎、石灰質が肩腱板内に沈着して



ある日突然、肩に激痛が走る石灰沈着性腱板炎などの



類似した疾患もあります。



特に、肩腱板断裂では若い時にスポーツや事故で



部分断裂を起こしている方も多いのが



現状です。



しかしこの肩腱板断裂は高齢になって来ると



徐々に断裂し、いつの間にか完全に断裂してしまって



いつの間にか手が挙がらなくなったと



訴える方は多くいらっしゃいます。




若い時であれば手術で断裂部分を縫合する事も



あるのですが、ある程度の年齢を過ぎての手術は



リスクもありますし、例え手術をして



断裂部分を縫合しても手は挙がらないままの方も



多くいらっしゃいます。



なので、完全断裂の場合は手を挙げる事は難しいです。



しかし、単なる肩関節周囲炎であれば



少しのリハビリで挙がる様になります。



この方ですが、半年前から手が挙がらず



動かすと痛いとの訴えがある方ですが



お風呂に入っても背中を洗う事が出来ません。




医療機関で通院加療中ではございましたが



中々改善せず半分あきらめられていた方です。



しかし、わずか20分のリハビリマッサージで



ご覧の通りです。








半年間手が挙がらず不自由な生活から



僅かな時間で解放されました。



次の方は数年前から痛くなって挙がらなくなった方




一回のリハビリ後には大分改善しました。








次の方も長年肩が挙がらなかった方





僅かな時間で改善する方もいらっしゃいます。



もう年だから挙がらなくなったなんて思わないで下さい。



頑固なものでも時間を掛ければ挙がって来ます。



諦めが肝心なんて言わせません。



デイサービスぷらすでは



肩が挙がらなくならないように



滑車運動で予防も行っております。






肩の関節が動き始めて



「背中がかけるようになった」



「服が着やすく脱ぎやすくなった」



「お風呂で背中を洗える様になった」



など様々な事が出来る様になりますよ!!





リハビリデイサービスぷらすでは様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

三代晃久

三代晃久(みしろあきひさ)

三代晃久プロのその他のコンテンツ

Share

三代晃久のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook