まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三代晃久

いつまでも元気に生活するための心と体を応援するプロ

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

コラム

インフルエンザを予防するには!!気になる商品をゲット

旬なお話

2018年1月27日

インフルエンザを予防するには!!気になる商品をゲット




私の周りではインフルエンザが大流行中!!






業界の色々な方から聞く情報は




「ある地区のデイサービスがインフルエンザの



大流行で閉鎖しました」とか




ある利用者さんの旦那さんが別のデイサービスに



通われているのですが



「今、デイサービスに来たら感染するから




しばらく来ない方がいいよ」と言われたなど




大変な状態になっているそうです。




しかし、今のところ




当リハビリデイサービスぷらすでは




2名の利用者様のみ




何れも、朝のバイタルチェックで微熱(37℃前半)を確認し




数時間ごとに体温チェックし




微熱が続く状態であれば




家族に連絡し病院へ




この時期、寒い為どうしても暖房を入れるため




室内は乾燥し、カラダの粘膜も乾燥するため




感染しやすい状態が続きます。




その為、加湿は絶対です。




インフルエンザウイルスを死滅させるには




室温22℃、湿度50%を4時間持続させると




の論文が発表されていますが、




この乾燥した時期に加湿器で湿度50%は




かなり難しい数字だと思います。




加湿器だけでなく、カーテンなどに霧吹きを




掛けたり、ぬれタオルを干したり




様々な対策が必要です。




その為、この時期に雨が2~3日降ると



湿度が高くなるので、




インフルエンザウイルス感染者は




減少傾向になります。




そして当デイサービスが通年を通して




行っている対策は




免疫力を上げるリハビリです。




ウイルスに感染しにくいカラダをつくる




リハビリとは体温を上げる事




体温が1度上がれば




免疫力は30%上昇します。




通常高齢者の体温は34~35℃台が




多いのが現状ですが 




体温を上げるリハビリを行うと




速い人で3カ月




遅い人でも12カ月で




ほぼ、平熱が36℃台にあがって来ます。




そうする事で感染しにくいカラダを作っていきます。




しかしそれども定期的に色々な病院に




通院している高齢者は





どうしてもウイルスをもらってきます。




お子さんが保育所や、幼稚園、学校で



もらってくるのと一緒です。




そこで、病院受診時や人が多く集まる場所に



どうしても行かないといけない時に使える




ウイルス対策品を調剤薬局で発見しました。




「燕窩シアル酸のど飴」です。






一粒で約2~3時間インフルエンザ




ウイルスを防御できるそうです。





その間は、効果を持続させる為に



なるべく水分を取らないようにする事が




必要との事ですが、






飴一つでこれだけの効果が実際に得られるのであれば




凄い商品といえます。




一袋980円と飴にしてはお高いですが




これで、ウイルスが防御できれば




感染して1週間程度活動できない事を




考えると安い投資かと思います。




先ずは私自身が試してみたいと思います。






先ずは基本である外出後の






「手洗い」「うがい」は忘れずに!!






リハビリデイサービスぷらすでは様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

三代晃久

三代晃久(みしろあきひさ)

三代晃久プロのその他のコンテンツ

Share

三代晃久のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook