まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
三代晃久

いつまでも元気に生活するための心と体を応援するプロ

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

コラム

何故、この時期に高齢者の転倒が多くなるか!!

旬なお話

2017年11月24日 / 2018年1月5日更新

何故、この時期に高齢者の転倒が多くなるか!!




朝晩が急に寒くなってきました。



そうすると肩がこったり腰が張ったりして



色々なところが痛くなったりしていませんか?



人間は寒くなって来ると



カラダの体内の温度が外に逃げ出さないように



皮膚表面の毛細血管を収縮させ



熱を逃がさない様にバリアを貼ります。



そうする事で体温を一定に保とうとします。



当然、毛細血管が収縮すると筋肉は硬くなり



こわばって来ます。



関節は筋肉が伸びたり縮んだりすることで



関節自体も伸びたり縮んだりします。



筋肉が寒さで縮んだままの状態であれば



関節が可動する範囲は狭くなります。



特に起床時はそれでなくても



睡眠中にカラダを動かしてないので



カラダの隅々まで血液が流れておらず



色々な関節がこわばっています。



また、睡眠時には免疫力を上げるために



心臓を中心に血液を集める作用があるので



更にこの様な事が起きてしまいます。



高齢者の場合、夜中にトイレに



起きる事が多いのですがカラダが



思う様に動かないどころか



寝ぼけも一緒になり



転倒してしまう事が



非常に増えて来る時期でもあります。





先ずは、トイレに行く前に



お布団の中で手足を曲げたり伸ばしたり



する事で準備運動をして



それからトイレに行くような習慣を



つける事で、転倒防止になります。



手すりを使用したり





家の中でも杖をついたり





する事で、転倒を防ぐ事が出来ますので



是非、実践してみて下さい。



何度も言っていますが



転倒すると骨折し



場所によっては入院しなければなりません。



その間に体力や筋力が落ちて



寝たきりになり、肺炎などで



命を落とす事になる方もいらっしゃいます。



一度の転倒で



その方の人生そのものが



大きく変わってしまう事もありますので



転倒だけは避けなければなりません。





もし、排尿が近く間に合わないかもしれない方は



この時期だけでも、



ポータブルトイレをベッド脇に準備したりする事も出来ます。






最近のポータブルトイレは便座にヒーターがあり




温かかったり、消臭機能がついていたりと




便利になっていますので、ご検討ください。




この寒くなって来た時期に




皆さん!!転倒には特にお気を付けください。









リハビリデイサービスぷらすでは様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

三代晃久

三代晃久(みしろあきひさ)

三代晃久プロのその他のコンテンツ

Share

三代晃久のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook